食べかけの… みかん!🍊ブログ

ガジェットの王道と言えば,かじりかけのリンゴ印。ところがこのブログの管理人「おさる」は🍎より🍌より🍊が好き。ということで(?) ガジェット系をメインに情報発信をしています。

楽天モバイルのMNOサービスと契約するメリット・デメリット!注意点は!?

f:id:AkMk:20200306161123p:plain

 先日楽天モバイルから,MNOサービスへの本格参入の具体的な情報が発表されました。

私個人としては,パッと見た段階ではかなり魅力的に見えたのですが,落ち着いて調べていくと注意しなければならないポイントも幾つか出てきました。

明らかになっている情報をまとめつつ・客観的に楽天のサービスを見つめるため,まとめてみたいと思います。

 

急いで結論だけ知りたい方は,最後のまとめに

・メリット ・デメリット

それぞれをまとめているので,そこだけご覧いただければと思います。 

 

  • サービス開始時期はいつから?
  • 気になる料金プランは?
  • D社との比較
  • 本当に電波は大丈夫?
  • まとめ
    • 楽天モバイルと契約するメリット
      • プラン料金の圧倒的安さ
      • ポイントバックキャンペーン
      • 楽天ポイントも連動
      • 縛りなし・解約無料!
    • 楽天モバイルと契約するデメリット
      • iPhoneでは使えない!
      • どこまでエリアが拡大するかは不透明
    •  あなたは契約する?しない?

 

続きを読む

iPadに最適!Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード レビュー!

f:id:AkMk:20200228215703j:image

うがみんしょうらん!(奄美の方言で「こんにちは!」)

島人ブロガーのおさるです。

 

皆さんはiPadで文字入力をする時,どのようにしておられるでしょうか?

・ソフトウェアキーボードを使ってるよ!

・純正のスマートキーボードを使ってるよ!

・外付けのBluetoothキーボードを使ってるよ!

等々,様々な方がおられると思います。

 

以前に描いたこちらの記事でも紹介しているように,私はこれまで「純正のスマートキーボード派」として快適なiPadライフを送ってきました。

ところが!

そんな私のiPadライフに新たな出会いがあったのです。

 

それがこ・ち・ら

Ankerが出している,超軽量のBluetoothキーボードです。

このキーボードを使うようになってからというもの,これまで以上に快適なiPadライフを送ることができるようになりましたので,今回はそのご紹介をしたいと思います。

 

まず,なぜ純正スマートキーボードを使わなくなったのかを説明したいと思いますので興味がない方は目次から読み飛ばしてください!

 

 

純正スマートキーボードを使わなくなった理由

前述のとおり,私はこれまでiPadPro + 純正スマートキーボートの組み合わせで,快適なiPadライフを送っていました。

そんな私が純正キーボードからの乗り換えを決心したのは次のような理由からでした。

 

壊れた… (構造上もろい?)

単純ですが,これが最大の理由です。

私がこれまで使用していた,純正スマートキーボードが壊れてしまったのです。

 

「構造上 壊れやすい」という話は聞いていましたが,まさか自分のキーボードが壊れるとは…。

確かにパカパカと開いたり・閉じたりを繰り替えすあの構造は,線が切れたり接触不良を引き起こしたり…という可能性が十分に考えられると思います。

 

私のスマートキーボードも,落下させたりしたわけではないのに徐々にiPad側での認識が悪くなり,ついにはキーボードが認識されずにソフトウェアキーボードが画面から消えない…という状態になってしまいました。

「キーボードスタイルにした時のつなぎ目のあたり」をグイグイ押したり曲げたりすると反応する時もあったので,調子が悪くなってすぐは下にハンカチを敷いて,キーボードを下に押し込むような感覚で打ち込むとうまくいっていました。

ですがだんだんとそれすら認識しなくなっていき,ついにはただの文鎮と化してしまったのです。

 

もちろん純正キーボードを気に入っていたので「買い替える」という選択肢もあったのですが,次に挙げる2つの理由とも相まって,その選択は見送ることにしたのです。

 

出先でガンガン文字を入力しない

私のiPadの用途を見直した時に,意外と外出先で「ガンガン文字を入力する」という状況が少ないことに気づかされました。

「外出先で文字を入力する」という状況がないわけではありませんし,これまではスマートキーボードの存在に便利さを感じていたのも事実です。

 

ですが「mustではない」という結論に至りました。

・毎日 ・iPadで ・出先で 

この3つの要素を考慮した時に,純正スマートキーボードである必要はなく,他社製のBluetoothキーボードでいいかな…という考えに変化していったのです。

 

キーボードの出番がない時などは単なる重りに過ぎなくなってしまいますし,かと言ってスマートキーボードを外した状態で持ち運ぼうと思うとディスプレイの保護が心配になってしまう…

そんな悪い思考の循環が自分の中で生じていました。

 

高い

前に挙げた2つの理由に加えて,決定的な理由となったのがこの3番目の理由です。

iPad用の純正スマートキーボードは,値段が高い!

気軽に買い替えられる値段ではありません。

「長く使えるもの」であれば,けちけちせずに良いもの購入する… という価値観は私も共感できます。

しかし初期世代のスマートキーボードは,前述のとおり「いつ壊れてもおかしくない」構造の商品なのです。

 

私も長く使うつもりで一念発起して購入しましたが,予想をはるかに上回るスピードで壊れてしまったため 同じものにまたお金をかける気にはなれませんでした…。

 

以上の理由から,Apple純正のスマートキーボードはやめることにし,サードパーティー製のBluetoothキーボードを探し出しました。

Apple純正のマジックキーボードでも良かったのですが,どうせならもっと出費を減らしたいなとも思いまして候補からは外しました。

私の用途,懐事情的に

・安い

・軽くて持ち運びができる

・長文を打つわけではないので,打鍵感にこだわりは持たない

という3つの条件でキーボード選びを開始しました。

 

そんな折に,Amazonで真っ先に見つけたのが今回紹介するAnkerのウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードです!

 

まず最初に,このキーボードの価格をご紹介しておきましょう。

Amazonで,なんと驚きの2,000円です!

 

 

外観レビュー

すでに到着してしばらく使っているのですが,改めて外観のレビューから行なっていきたいと思います。

正直言ってパッと見は,Apple純正のマジックキーボードのようです。

実際に打鍵してみると明らかな差を感じますがw,見た目は値段以上の高級感が出ていると思います。

白を基調としたカラーもお洒落ですし,埃が目立たないので個人的にはとても気に入っています。

以下,フォトレビューをお届けします。

 

非常にシンプルなキーボードです。

f:id:AkMk:20200228215708j:image

f:id:AkMk:20200228215655j:image

銀色の部分はパッと見は金属に見えますが,実際はプラスチックです。

遠くから見ている分には高級感漂ういで立ちですが,実際に持ってみるとチープな印象を受けるかもしれません。

 

ちなみに,バックライトは非搭載です。

暗闇の中での打鍵はブラインドタッチができないと難しいかもしれません。

 

後ろ側には電源ボタンと,電池を入れるスペースがあります。(電池は単四×2本です)

f:id:AkMk:20200228215648j:image

f:id:AkMk:20200228215711j:image

ちなみに電池の持ちは非常によく,すでに購入して数カ月が経過していますが,いまだに電池交換の必要は生じていません。

「毎日長時間打ちっぱなし」という状況でもなければ,かなりの電池持ちを期待することができそうです。

 

 

キー配列に注目してみると,非常にMacと似せたキー配列だと気づかされます。

f:id:AkMk:20200228215715j:image

日ごろMacでUS配列のキーボードを使っておられる方からしたら,ほとんど違和感なく打鍵できるのではないでしょうか。

ちなみに初代iPad Proの純正スマートキーボードも,US配列になっています。

私のようにiPad Pro 9.7インチや初代12.9インチのiPad Pro用スマートキーボードを使ってこられた方なら,微妙な違いはあれどほとんど似たような配列です。

ファンクションキー部分に,様々なショートカットキーが割り当てられているのも地味に便利な点です。

 

この流れで,ついでに重量も測っておきましょう。

f:id:AkMk:20200228215651j:image

なんと,重量は実測でわずかに191g!!

これは軽いですね。

9.7インチiPad Pro用のスマートキーボードが約230gですので,約40gもAnkerのキーボードの方が軽いことになります。

非常に軽量で,持ち運びにも適したキーボードと言えそうです。

 

ですが,最厚部の厚みはそこそこあります。

実測で2.3㎝ほどです。

f:id:AkMk:20200228215644j:image

キーボードの手前側は非常に薄く なんの文句もないのですが,電池を入れる部分がやや厚めに設計されています。

もちろんメカニカルキーボードなどの類に比べれば十分薄いですし,持ち運びが困難になるほどの厚さではありません。

ですが純正スマートキーボードと比べると「持ち運ぶ時のカバン」など,少し考える必要があるかもしれません。

 

実際の打ち心地

このキーボードのキー構造は「パンタグラフ式」と呼ばれるものです。

一般的にノートパソコンなどに多く採用されている型のキーボードです。

 

実際の打鍵感はというと…「値段相応」という印象です。

個人的には,どんなに頑張っても「とっても打ちやすい!」とはなり得ないかなと感じます。

決して「これでは打てない!」というほどひどいわけでもなく,かといって「最高!」となるわけでもなく,良くも悪くも「値段相応」です(^^;)

 

まぁ たったの2,000円ですので,この値段で打鍵感にこだわる方がおかしいのですが…w

ちなみに私がこれまでに触ってきたキーボードとその感想をお伝えしますと,

 

MacBook Pro 2015年 (パンタグラフ式 )    → 打ちやすい

MacBook 12 2015年 (バタフライキーボード) → 非常に打ちやすい

初代Apple純正スマートキーボード      → 打ちやすい

FILCO Majestouch MINILA AIR 赤軸         → メチャメチャ打ちやすい!

 

この中で一番打鍵感が似ているのは,2015年モデルのMacBook Proのキーボードのように思います。

打鍵感が「ほど良く固め」で,強くタイピングしてしっかりとクリック感を得たい方にはお勧めです。

私はどちらかというと なぞるようにやさしくタイピングする人間なので,その感覚でいくとちょっとキーが固すぎて指が疲れてしまうかなという印象です。

私のようなタイプの方にとっては,長文の入力には向かないかもしれません。

 

キーストロークは一般的な深さです。

Macのバタフライキーボードだとストロークが浅すぎて指が痛くなってくる」というタイプの方にとっては非常にありがたい点ではないでしょうか。

私もこの記事をAnkerのウルトラスリムキーボードで入力していますが (ここまでで4,000文字くらい),キーストロークの深さのおかげで指の痛みなどは発生していません。

 

iPadとの組み合わせ例

iPadとの組み合わせとしては…

・基本的にはiPad単体で持ち運び高い可搬性を確保

・そこそこの文章を入力する必要がありそうな日はAnkerのキーボードを持っていき十分な備えをする

私の中では,こんな運用方法が最適解かなと感じています。

 

ちなみに私は,こういう形のケースをiPadに装着しています。

 

カバー部分がが三つ折りになっているケースではなく,このように一枚の板のようになっているケースは外付けのBluetoothキーボードとの相性抜群です。

iPadだけを使いたい時は当然このまま持ち運びつつディスプレイを保護できますし,Bluetoothキーボードを用いて膝上でのタイピングもお手の物です。

純正スマートキーボードよりも角度の自由が利きますし,膝の上でも安定感抜群です。

カバー部分が三つ折りになっているスタイルのケースですと,膝上での安定感を得ることは難しいと思います。

この手のタイプのカバーならではのなせる芸当です。

 

Amazonはこちら

 iPad 9.7 ケース 2018 2017

 

あるいは自在に角度を調節できるという点では,こんな面白そうなケースも販売されていました。

Amazonはこちら

 ZUGU iPad Air3 ケース 2019 / iPad Pro 10.5 ケース 2017 Prodigy X 

 

まとめ

やはりこのキーボードの一番の魅力は,サッと持ち運べてサッと入力できるというところにあると思います。

 

腰を据えて長文を打つのであれば,以前にレビューしたFILCO Majestouch MINILA Airのようなキーボードの方が断然作業がはかどります。

しかしこの類のメカニカルキーボードは重量がかさむため,持ち運んで使用することを考えるとAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードが断然使いやすくなります。

やはり用途によって使い分けるのがベストですね!

その点でもAnkerのウルトラスリムキーボードは,値段が2,000円とお安いですので,用途別にキーボードをそろえたいと思う時にも気兼ねなく購入することができます。

 

iPad用の外付けキーボードを探しておられる方,「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」オススメですよ!

 

Amazonはこちら

 Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード (ホワイト)

iPhone 11 Pro/Pro Max:とにかく薄い!軽い!おすすめケース厳選3選!!!

うがみんしょうらん!(奄美の方言で「こんにちは!」)

おさるです。

 

皆さん「iPhoneライフ」楽しまれていますか?

今最も熱いのは,カメラ性能が大幅にアップし注目を集めている iPhone 11 Proシリーズでしょう!

トリプルレンズカメラを搭載した初のiPhoneとして,カメラ性能を重視する方たちを筆頭に人気を博しています。

 

そこで今回はiPhone 11 Pro/Pro Max:とにかく薄い!軽い!おすすめケース厳選3選!!!」と題して、皆さんと一緒にiPhone 11 にピッタリのケースを探していけたらと思います!

 

iPhone 11 Proシリーズの唯一の欠点ともいえるのは,大画面化ゆえの重量・厚み ではないでしょうか?

iPhoneに限らず,最近のスマホのトレンドが「大画面化」にありますので致し方ないことではあるかもしれません…

しかし! ケース選びを上手に行うことで,このデメリットを幾らかでも軽減させることができれば,よりいっそう快適なiPhoneライフを送れるに違いありません!

 

そこで今回は iPhone 11 Proシリーズをこれ以上厚くしないため、できる限り薄く保護できる薄さ・軽さに特化したケースをご紹介していきたいと思います!

 

ESR 衝撃吸収バンパー!

 

最初から本命コンビの登場です!

まず初めに、ESR社製の衝撃吸収バンパーをご紹介しましょう。

こちらは「ケース」というよりも「バンパー」という類になりますが、iPhoneを保護するという観点でケースと目的は同じです。

何が違うかと言いますと、一般的に「iPhoneケース」と言いますと,iPhoneの背面から側面までが全て覆われる形のケースを思い浮かべることと思います。

いわゆる一般的な形のそのケースの場合,材質によって多少の差はあれど どうしても厚みが出てしまいiPhoneがかさばる…という結果になりかねません。

クリアケースならまだしも,せっかく悩んで買ったiPhone独自のカラーが隠れてしまう…ということも場合によってはデメリットとなり得ます。

 

それに比べこのバンパーは、iPhone 11 Proの側面だけに装着する形になっています!

 ディスプレイ面はもちろん,背面にも余分なものは一切ついていません。

Appleが作り上げた美しいiPhoneのフォルム・カラーがが隠れることがないのです!

 

そしてバンパーの厚みは、iPhone 11 Pro・Pro Max用ともに 1㎝!!

iPhone 11 Pro・Pro Max本体の厚みは,共に8.1㎜です。

ですからディスプレイ面・背面共に,約1㎜ずつバンパーが厚みを持っており,iPhoneを保護してくれることになります!

 

ところがこのバンパー,それだけではありません。

iPhone 11 Proシリーズ最大の特徴である,大事なカメラを保護するために カメラ部分のバンパーのみ,ほかの部分よりも若干の厚みを持たせた設計になっているのです。

これは非常に気が利いた設計と言えるのではないでしょうか!

この設計のおかげで,カメラに傷がつく心配をせず 机の上にiPhoneを置くことができます。

 

そしてバンパーの重量は,

iPhone 11 Pro用が…  13.6g

iPhone 11 Pro Max用が… 18.1g

いずれにしても,もはや付けても付けなくても違いが分からないほど軽いです。

iPhone 11 Proシリーズの厚み・重量をほとんど変化させずに装着できるバンパーということで、大変おすすめです!

 

しかしこうした類の物で心配になるのは、その保護性能ですよね。

もちろん、単にお洒落をするためではなく 保護を目的として考えられた商品ですのでご心配なく。

強化アルミ合金フレームとTPUバンパーの組み合わせによって、これほど薄く・これほど軽いバンパーながら、しっかりと衝撃緩和効果をもたらしてくれます

 

もちろんガラスフィルムなどを貼っておいたほうが安心なのは言うまでもありませんが、Amazonのレビュー欄などを見ても「実際に落としてしまったけど、iPhoneは無事でした!」といったコメントが多数寄せられています。

軽量化・薄型化を実現しながら「いざ!」という時にもしっかりと保護してくれるというのは頼もしい限りです!

 

Amazonはこちら

iPhone 11 Pro

 ESR iPhone 11 Pro ケース アイホン 11 Pro 衝撃吸収バンパー ケース

 【ガイド枠付き】iPhone11 Pro用 ガラスフィルム 【ケースに干渉しない】高硬度9H

 

 iPhone 11 Pro Max

 ESR iPhone 11 Pro Max ケース アイホン 11 Pro Max 衝撃吸収バンパー ケース

 【ガイド枠付き】iPhone11 Pro用 ガラスフィルム 【ケースに干渉しない】高硬度9H

 

 

そして場合によってはこのバンパーに,バンカーリングを付けるというのもお勧めです。

iPhone 11 Proシリーズの特徴の一つは,これまで多くのiPhoneに採用され親しまれてきた4.7インチというサイズより,「大画面化」していることにあります。

ディスプレイサイズが大きくなり,動画コンテンツなどを大画面で楽しめるようになった反面,手の小さい女性にとっては操作性の面で不安を覚える方も少なくないかもしれません。

そのiPhone 11 Proシリーズにバンカーリングを付ければ、向かうところ敵なし!

大画面で写真撮影や動画観賞を楽しみつつ,片手でホールドしてメールの作成も楽々…そんな最強iPhoneが完成するかもしれません。

 

Amazonはこちら

 Lomicall スマホリング 4㎜ 180度 360度回転式

 

Spigen「THIN FIT (シンフィット)」!

次にご紹介いたしますのは、Spigen社製のパーフェクトフィットケース「THIN FIT(シン・フィット)」です!

「THIN」とは、英語で「薄い」を意味する言葉です。

「薄く・フィットする」ケース。(ん?「フィット」だけ訳されてないが…)

ネーミングからして期待できそうなケースですね!

 

この「Spigen社」というのは、様々な特徴を持つiPhone用ケースを販売している会社です。

その中でこの「シンフィット」は、薄さに特化したケースということになります。 

 

このケースは「ポリカーボネート」という素材を使用したハードケースとなっています。

よく見るiPhoneケースの中に シリコンやラバーを使用したソフトケースがありますが、触り心地は良い反面どうしても厚みが出るというデメリットもあります。

その点このシンフィットは、ハードケースに仕上げることによって薄さを追求しているということです。

さらに、このポリカーポネートは柔軟性耐久性に優れていると言われる素材ですので「保護」という観点からも安心して使用することができます。

 

iPhone11 Proにシンフィットを装着しても,厚みは2.5㎜しか変わりません!

つまり,iPhone 11 Pro・Pro Maxの厚み (8.1㎜) + シンフィットの厚み = 1.6㎝ です!

iPhone11 Proくらいになると,背面まで覆う型のケースでは2㎝越えも珍しくありません。

その中でのこの薄さは,さすがは「シンフィット」!!

 

シンフィットの薄さは、その重量にもよく表われています。

このケースの重量の公称値は,なんとたったの「18.1g」です!!

背面までをしっかりと保護する普通のケースとしては驚きの軽さです。

実際、同じSpigen社の耐衝撃性に特化したケースの重量は「40g」を超えています。

シンフィットがどれほど軽く・薄くできているかが分かるのではないでしょうか!

 

大画面を搭載したiPhone 11 Pro・Pro Max用ケースとしては、驚きの薄さと軽さを実現しているシンフィット!

薄いケースを探しておられる方に超絶おすすめです!!

 

Amazonはこちら

iPhone 11 Pro

 【Spigen】 iPhone 11 Pro ケース 超極薄 超薄型 超軽量 ワイヤレス充電対応 シン・フィット

iPhone 11 Pro Max

 【Spigen】 iPhone 11 Pro Max ケース 6.5インチ 超極薄 超薄型 超軽量 ワイヤレス充電対応 シン・フィット

 

ESR 本革レザーケース!

 

本日二度目の「ESR」社の製品の紹介となります。

決してESR社の回し者ではないのですが,私にとって魅力的と思える商品が同社から多数製品化されているようです(・v・)b

 

ここまでは、ひたすら薄さにこだわったケースをご紹介してきました。

最後にご紹介するのは、薄さにこだわりながらも質感にもこだわりたい!という方向けのケースです。

なんと、驚きのレザーケースですよ!

レザーと言うと、これまでは分厚い値段が高いというイメージがありましたが、最近のレザーケースは大変よくできているようです。

もちろん「薄さにこだわって最新の技術を詰め込んだケース…」というわけではありませんが、それでも「薄型のデザイン」を謳ったケースとなっています。

 

「Qi 急速充電にも対応」ということですので,薄さにも十分な期待を持つことができます。

もちろんこれまでに紹介してきたバンパーやケースほどの際立った薄さではありませんが,実用的には十分です。

 

そして何より、純正のレザーケースそっくり!!

見た目や質感を重視したい方にはピッタリのケースではないでしょうか。

 

さらに驚くのはその値段です!

なんと… 純正レザーケースの半額以下の値段でこのケースを購入できてしまいます!!

この値段でいて品質も非常に高く,Amazonのレビューを見ても

Apple純正にも劣らない品質

 

と,非常に高い評価を得ています。

また,iPhone 11 Pro用 と Pro Max用が同じ価格設定になっているあたり,良心的ですね。

 

重量としては,先ほどのシンフィットと比べてしまうと約倍の重さになってしまいますが,シンフィットが尋常ではない軽さに仕上がっているケースでしたのでそこは致し方なしです。

だからと言ってこのレザーケースが「重すぎる」ということはなく,むしろ他の重厚感漂うケースよりははるかに軽く作られていますので,軽さと質感どちらを取るかで最終的な判断を下せると思います。

 

いずれにしても,お値段が純正のレザーケースの2分の1で済むというのは,質感を求める方にとっても大きなメリットです!

 

Amazonはこちら 

iPhone 11 Pro

 ESR iPhone  11 Pro  ケース 本革レザーケース

iPhone 11 Pro Max

 ESR iPhone 11 Pro Max ケース 本革レザーケース

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「iPhone11 Pro/Pro Max:とにかく薄い!軽い!おすすめケース厳選3選!!!」と題してお届けしました。

 

iPhone11 Proシリーズの最大の長所でもあり短所でもある,その重量と厚み

できる限りその弱点をカバーしつつ本体も保護できるケースはないだろうかというこということで、今回3つのケースを選ばせていただきました。

 

・とにかく薄さを追求したい方であれば、ESRの衝撃吸収バンパー&ガラスフィルム

そしてお好みでバンカーリングを付けることによってホールド性アップ!

 

・一般的なケース型のほうが安心だと思われる方は、SpigenのTHIN FITが超絶おすすめです!

 

・薄さと同時に、質感にもこだわりたい!という方には、最後にご紹介したレザーケースが質感・値段ともに素晴らしいものでした。

 

お気に入りの一品を見つけていただくことはできましたでしょうか?

iPhoneケースは品揃えが豊富すぎて、頭を悩ませることもシバシバ…

しかしそれもまた、iPhone ユーザーの醍醐味といえるかもしれませんね。

 

ぜひお気に入りのケースを見つけ、快適なiPhone11 Proライフをご満喫ください!!

[レビュー] Surface Goを買いました!ファーストインプレッション[前編]

f:id:AkMk:20191231224847j:plain

うがみんしょうらん!(島の方言でこんにちは!)

おさるです。

 

今回は,Surface Go を買ったよっ! ていうお話です。

発売開始から約1年が経過したこのタイミングで「なぜSurface Goを購入したのか」や「ファーストインプレッション」をお届けしたいと思います!

 

ちなみに今回購入したのは,

 Surface Go

 CPU … Pentium Gold 4415Y

 メモリ … 4GB

 ストレージ … 64GB eMMC

の1番安価なモデルです。

 

  

Surface Goを購入した理由

PCを購入するにあたって検討したこと

f:id:AkMk:20191231224856j:plain

これまでMacBook12インチモデルとiPadPro9.7インチモデルを使用し 快適なAppleライフを送っていたのですが,私の用途に若干の変化があり,Windows環境がどうしても必須となってしまいました。

最初はMacBookにブートキャンプでWindowsを入れ運用していたのですが,やはり純粋なWindows機とは異なりストレスが溜まる一方でした。

MacBookトラックパッドは非常に優秀でしたが,ブートキャンプで入れたWindowsではジェスチャー機能が完全には使えなかったり…こまごまとした不満点が結構あったのです。

そこで,タブレット兼PCとして使える2in1モデルのWindows PCの購入を検討することになりました。

 

白羽の矢が立ったのがSurface Goといことになります。

私が重視した点として

 ・外での作業が多いため,持ち運びが楽にできる (CPU性能 < 持ち運びやすさ)

 ・フルOSが使える

 ・タッチディスプレイ,ペン対応

これらの条件を挙げました。

その条件を程よく満たしていたのがSurface Goということだったのです。

 

価格が落ち着いてきた

発売から約1年が経過し,価格がこなれてきたというのもSurface Goの購入を後押しすることになりました。

officeが有無を言わさず付属してくるということもあり,発売当初は「スペックと価格が見合っていない」という評価も多かったように思います。

Amazonなどの値段を見てもかなり値段が落ち着いてきていますし,フリマサイトなどではofficeが抜かれた状態で新品のSurface Goがかなり安く出回っています。

そうした状況もあり,かなり手が出しやすくなったといえるのではないでしょうか。

 

技適の問題などもあり自己責任にはなりますが,アメリカのAmazonから直輸入で取り寄せるという方法でもofficeの付いていないSurface Goを安く手に入れることができます。

www.amazon.com

 

購入に際して心配だった点

Surface Goの購入に際して一番の懸念点だったのはCPUの性能の低さとメモリの少なさです。

どちらもパフォーマンスに直結する部分なので,正直「安物買いの銭失い」にならないかと心配でした。

 

実際,Microsoftが小さいサイズのSurfaceを出すと聞いた当初は期待に胸を高鳴らせましたが,スペックを見て「こんなスペックで満足に動くわけがない」と最初は全く購買意欲が掻き立てられなかったほどです。

しかしハードウェア的には心をくすぐられる仕様だったため,徐々に心が惹かれていくわけですが…

 

そういった経緯もあり,購入に際しては「これでもか!」というほど入念なチェックを行いました。

家電量販店の店頭に展示してあるSurface Goを見に行ったり,YouTubeでも海外の方のものを含めレビュー動画を何十本とみて動作をチェックしました。

(おかげで私の英語力が少し上達した気がします(;^ω^))

その結果,ライトユースな自分の用途ならこれでも行ける!との確信が持てたので購入に踏み切ったのです!

 

他にも「Macトラックパッドに慣れた身で,Windowsタッチパッドに戻れるか…?」など細かい不安点はありましたが,その点は後述したいと思います。

 

実際に手にしてみてのファーストインプレッション

簡単にまとめると…

 ・ハードウェア全般 … 最高!!

 ・ソフトウェア全般 … 必要十分。

 

…という印象です。

今回は特に「ハードウェア」の部分に注目し,ハード面でのファーストインプレッションをお送りしたいと思います。

 

キックスタンド 

f:id:AkMk:20191231224946j:plain
f:id:AkMk:20191231224558j:plain

私がSurfaceを購入するうえで,ハード面で一番の魅力と感じたのが「キックスタンド」です。

Surface Goに搭載されているキックスタンドは,ほぼフラットの角度から ほぼ垂直の角度まで,好みの角度にディスプレイを傾けることができます。

この機能が標準で搭載されているというのはSurfaceの強みです。

 

このキックスタンド。「きっと便利だろうな」と憧れていましたが,実際に使ってみると これが想像以上に便利でした!

何を隠そう,私は人よりも座高が高いんです。

(えぇ。裏を返せば足が短いんです( ;∀;))

 

PCデスクにSurface Goを置いて作業する場合にも,膝の上で使う場合にも,視点が高いのでかなり角度をつけないとディスプレイを斜めから覗くようになってしまい,見づらくなってしまうわけです。

この点Surface Goは自由に角度が変えられるため,しっかりと自分の目線の真正面にディスプレイを持ってくることができるようになりました。

どんなスタイルでSurface Goを使用しても,しっかりとディスプレイと相対することができます。

 

MaciPad+スマートキーボード を使用する際に小さなストレスになっていた点なので,このメリットは私の中でかなり大きいものとなりました。

 

重量

非常に便利なキックスタンドを標準搭載していながら,Surface Goの重量は実測で522gしかありません。

f:id:AkMk:20191231224805j:plain

 

タイプカバー + Surface ペンを装着しても,総重量は783gです。

f:id:AkMk:20191231224708j:plain

 

iPad Pro9.7インチ + 背面カバー + スマートキーボード よりも軽いです!

それでいてフルOSを搭載しているわけですから,可搬性という点ではiPadに「引けを取らない」どころか,用途によっては大きなストロングポイントになり得るのではないでしょうか。

 

私は基本的に毎日持ち歩いて使用していますが,この軽さになるとリュックはもはや必要ありません。

以前MacBook Proを使っていたときはバックパックが必須でしたが,これほどの軽さであればショルダーバックないしは手提げタイプのカバンでも手軽に持ち運ぶことができます。

 

タブレット単体として見た場合 特筆すべき軽さというわけではありませんが,繰り返しますがこの重量でフルOSが手軽に持ち運べるというところに最大のメリットがあると思います。

 

マグネシウムボディ

次に,ハード面での私の一押しは ボディの材質です。

Surface Goのボディにはマグネシウムというものが採用されています。

 

以前の記事でも書いているように,私は人一倍… いえ,人二倍の手油をつかさどっていますw

akmk.hatenablog.com

 

なのでアルミボディのガジェットを使うと手汗や手油の跡がくっきりと付いてしまい,せっかくの格好いいボディが台無しになってしまうのです。

その点Surface Goに採用されているマグネシウムは,手汗や手油が全く目立ちません!

Surface Go本体の裏面は基本的にむき出しで使うことが多いと思いますが,どんなに手で触れても汚れないというのは精神上 非常に良い点です。

いつ見ても格好いい → 使うときにテンションが上がる → 気持ちよく作業に取り掛かれる

と,気持ちの面で良い循環が生まれているように感じます。

 

ディスプレイ

f:id:AkMk:20191231224847j:plain

Surface Goのディスプレイも,予想を裏切る美しさでビックリしました。

Surface Goのディスプレイは,1,800×1,200でMacBookiPadと比べると解像度の点で劣っています。

ですが その両方を使っている私が見ても十分に美しく,粗さなど気になることは全くありません。

私の使用用途が文字ベースであり,さほど解像度の違いを受けにくいということもあるかもしれませんが,それを差し引いても美しいと感じます。

多くの人にとって,必要十分のディスプレイを備えているといって良さそうです。

 

タイプカバー&タッチパッド

Surface Goの純正タイプカバーも非常に優秀です。

しっかりとしたストロークがあり,気持ちよく打鍵することができます。

MacBookに搭載されていたバタフライキーボードに慣れている身としては,逆にストロークが深すぎるほどかもしれませんw

Surface Goに装着すると,タイピングする際に自然と角度がつくのもタイピングのしやすさに貢献していますが,キーボードの下側が空洞になっているゆえの独特な響きがあります。

これが苦手な人にとっては気持ち悪く感じてしまうかもしれません。

ですがそんな時は,タイプカバーを地面に接着させてしまえば良いだけなので,対処は可能です。

 

比較的手のサイズが小さい私にとっては,この10インチのSurface Go用のタイプカバーのサイズが非常に心地よく,指の移動距離が短くて済むためタイピング速度も向上します。

以前にも「iPadPro9.7インチ用のスマートキーボードレビュー」でも書いていますが,手の小さい女性などにとっては,このサイズ感は最高なのではないかと思います。 

akmk.hatenablog.com

 

 

加えて,タッチパッドにも言及しておきたいと思います。

私がWindowsを再び使用するうえで心配だった点が

Macトラックパッドに慣れてしまった今,再びWindowsタッチパッドで満足できるだろうか」という点です。

ですがその心配は杞憂に終わりました。

店頭などで触れていたので大方のイメージは付いていましたが,実際にじっくり使い込んでいく過程でも,不満は全く出てきませんでした!

Surface Goのタイプカバーに付いているタッチパッドは非常に優秀で,ヌルヌル動きます。

ジェスチャー操作も全く苦にせずスムーズに行うことができ,日頃Macを使っている私でも十分に満足できるレベルです。

 

タッチパッドのサイズが小さくなることにも抵抗がありましたが,実際に使っていると「このSurface Goのサイズでよくこれだけタッチパッドの面積をとれたな」と逆に感心するくらい,きちんとしたサイズのタッチパッドになっています。

三本指のジェスチャーでも十分に余裕があります。

f:id:AkMk:20191231224840j:plain

 

Surfaceペンのくっつき具合が秀逸!

Surfaceペンとの相性も抜群です。

何が抜群かと言うと,Surface Go本体とペンとのくっつき具合が実に秀逸だと感じさせられます。

 

PCライクなスタイルでSurface Goを使用する際,ペンを左側面に配置する場合と,右側面に配置させる場合では,磁力の強さが違うのです!

ペンを左側面にくっつけた場合,かなりの磁力でペンがくっついており,ちょっと力を加えただけでは離れません。

f:id:AkMk:20191231224901j:plain

しかし右側面にペンをくっつけると,あら不思議。

少しの力だけで簡単にペンを取り外すことができます。

f:id:AkMk:20191231224855j:plain

これってかなり実用的だと思いませんか?

 

つまり…

Surface Goを持ち運ぶときなど,ペンを使用しないときには左側でしっかりとホールドさせ

・ペンを頻繁に使用する場合には右側面にペンを配置しておくと,ペンの置き場に困ることも,あまりの強い磁力に悪戦苦闘することもなく快適にペンを使用できる

ということです。

 

あくまでもユーザーが「右利き」であることが前提とはなりますが,非常に便利な仕様になっています。

※意図的な仕様なのか,右側面にUSBポートなどが配置されている関係なのか分かりませんが,結果として非常に優秀な作りになっています。

 

Windows hello&カメラ性能

私はSurface Goで初めて使用するため,Surface Goのカメラ性能のなせる技なのか,Windows helloのソフト面での優秀さなのか分かりませんが,顔認証の制度が非常に素晴らしいです。

前述のとおり,私は人二倍の手油をつかさどる人間ですので「指紋認証」には結構な抵抗があります。

例えばiPhone指紋認証を4回5回と使用していくと,だんだんとホームボタンに手油がついていき,ついに指紋認証がはじかれてしまい「ロック解除ができない」という状況にたびたび陥ります。

この点,顔認証があるだけでもありがたいと感じたのですが,その精度が想像以上に優秀でビックリしました。

 

例えば,暗い部屋の中などでもしっかりと顔を認識してロックを解除してくれるのです!

日が暮れた後の暗い車内でSurface Goを使用する際 ダメ元で顔認証にチャレンジしてみたのですが,あっという間に認識が成功し あっけにとられましたw

 

ちなみに寝起きの髪の毛がボサボサの状態でチャレンジしたこともありますが,すんなりと解除してくれましたw

Windows hello,最高です!

 

※ 2020年3月2日追記

花粉症の季節が到来し,私は日ごろからマスクをして生活しております。

そこでマスクをしたまま顔認証で突破できるかどうか試してみたのですが,なんと!無事にロックが解除されました!!!

何かのバグかと思いもう一度試してみたところ,二回目もきちんと反応してくれました。

少し調べてみたところによると,「虹彩認証」というのでしょうか?

顔全体の輪郭だけでなく,目の何チャラを読み取って認証してくれるそうです。

Windows hello恐るべし!

しかし暗い所では,この「虹彩認証」はうまく働かないようです。

明るい室内などであれば,問題なく動作してくれます。

 

「ドヤ!」感が絶妙に無い

持ち出しやすさに加えて,私のような小心者にとって嬉しいポイントが「ドヤ感の無さ」でしょうか…w

Macを使っていると,自分ではそんな気は全くないのに「ドヤっている」という印象を抱かれることがあります。

※…自意識過剰なのかもしれませんが… 小心者はそう感じてしまうのです(^^;)

 

カフェなどでポチポチしたいと気も,何だか周りの目が気になってしまって作業に身が入らない…なんてことが時々生じていました。

その点Surface Goは「ドヤっている感」がないので,使いやすいということに気づかされました。

本体サイズやフットプリントの小ささも相まって,テーブルの小さなカフェなどでも気にすることなくポチポチできるのは嬉しい点です。

 

ハード面での不満

ハードウェアの大部分で大満足のSurface Goですが,いくつかの面で不満点がないわけでもありません。

しばらく使用してみて見えてきたSurface Goの不満点を最後にいくつか挙げておきたいと思います。

 

ベゼルの太さ

これは他の多くの方も言及されている点だと思いますが,Surface Goは最近の流れである狭額縁ディスプレイではないため,ベゼルが太いです。

タブレットスタイルで使用する際に,ある程度ベゼルがあったほうがしっかりとホールドすることができ便利なのは確かです。

ですが,それにしてもSurface Goのベゼルはちょっと太い気がします。

あと半分… いえ,せめて三分の二程度にまとめてきてくれたら,もっと満足度は高かったように思います。

 

ですが普段使用時にはそこまで気になることもなく,これは完全に「格好よく見えるかどうか」というデザイン面での私のわがままかもしれません(^^;)

  

タイプカバーとの接触

これはデタッチャブル式の2in1 PC全般に言えることかもしれませんが,タイプカバーとの接触が悪いのか 時おりタイプカバーが認識されないことがあります。

いざタイピングしようと思いキーボードをポンポンと叩いても 画面には何も打ち込まれない…という現象が,時ーーーーおり現れます。

「時ーーーーおり」と言うくらいw たまにしか起こらないのでそこまでストレスにはなりませんが,今後の経過に注目する必要があるかもしれません。

 

スピーカーの音が微妙

これは私がこれまで愛用してきたiPad Proと比較するかもしれませんが,Surface Goはスピーカーの品質がイマイチです。

iPad Proはスピーカーが4つ付いていたのに対して,Surface Goは2つしかありませんので当然といえば当然かもしれませんが…

 

音量も比較的小さめです。

iPad Proで音量をMAXにするとうるさすぎるくらいですが,Surface Goでは音量を90パーセントくらいにして丁度よいようなイメージです。

音質も音量も「通常使用に耐えかねるほどひどい」というわけではありませんので 私はさほど気になりませんが,Surface Goのスピーカーを用いての映画視聴などを考えておられる方は注意が必要です。

 

まとめ

最後には3つの不満点を挙げてしまいましたが,逆を言えばハード面での不満は「それくらいしかない」とも言えます。

その不満点を補って有り余りすぎるほどのメリットがSurface Goにはありますので,個人的にはSurface Go大満足です!!

具体的に言うと,ようやく「やりたいことがようやく一台で完結できるようになった」この言葉に尽きると思います。

もちろんそれはハード面だけでなくソフトウェア面が深く関係してくるわけですが…

本当はハードとソフトを合わせて一つの記事にまとめようと思っていたのですが,長くなってしまったので今日はここまで!

ソフトウェア面でのファーストインプレッションは,また次回扱いたいと思います。

それでは,最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Amazonはこちら

マイクロソフト Surface GoeMMC 64GB/メモリ 4GB 

 Surface Go Signature タイプ カバー プラチナ KCS-00019

 マイクロソフト 【純正】 Surface Pro 対応 Surfaceペン シルバー

 SanDisk microSDXC ULTRA 128GB 80MB/s SDSQUNS-128G Class10

 

 

MacBookにお勧め!USB-C ハブ 厳選3選!!!

f:id:AkMk:20190521153903j:plain

うがみんしょーらん!(奄美の方言で「こんにちは」)

今回は,私が愛用しているMacBookにお勧めの USB-Cハブをご紹介していきたいと思います!

 

非常にスタイリッシュでかっこいいMacBookですが,その反動を受けているのがポート類です。

備えられている端子はUSB-Cポートが1つのみ…

これでは,充電中はUSBメモリも挿せない… マウスも繋げない… SDカードから写真を取り込むこともできない…

ヌゥァァァァアアアアアア!!!!!

 

という状況になってしまいます。

これは不便。

 

そこでマストアイテムとなるのがUSB-C変換アダプターです。

しかし 変換アダプターをいざ買おうと思っても,様々な会社から発売されているゆえに どれを買えば良いのか迷ってしまうことも…

そこで今回は,お勧めのハブを3つに絞り,サクッとご紹介していきたいと思います。

 

機能性重視 (ケーブル型)

f:id:AkMk:20190521153814j:plain

私が使用しているのは,このタイプのです。

使用していて感じるメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

メリット

十分な数のスロット

f:id:AkMk:20190521154053j:plain

f:id:AkMk:20190521154123j:plain

私が使っているのは,7in1タイプのハブです。

十分な数のスロットが用意されており,これ1つでこれまでのMacbook Pro Early2015と同等…

いえ,それ以上のポートを得ることができます。

 

USB 3.0 × 1

USB 2.0 × 2

SDカードスロット

microSDカードスロット

HDMI

・充電用USB-C

 

と,日常使いには全く困らない…どころか「十分すぎる」ポートが備えられています。

変換アダプターを幾つも持ち歩く必要はなく,このハブ1つを持ち出せばよいというのはいいですね。

 

充電しながらでも熱くならない

これは後述する「一体型」によく見られる現象のようですがUSB-CポートでMacBookを充電しながらだと,心配になるくらいハブが熱くなる」ということがあるようです。

私が使っているケーブル型のハブではそのような現象は見られません。

 

USBメモリ等をフルに差し込んだ状態で,なおかつ充電してもハブが熱くなることはありませんでした。

MacBookに限らず熱はPCの大敵ですので,「心配になるくらい熱を持つ」というのは精神安定上よくないですね。

安心して使用できるというのは大きなメリットだと思います。

 

アルミ素材でMacBookともマッチ

私が使用しているハブはMacBookと同じアルミ素材でできているため,見た目がMacBookともマッチして非常にかっこいいです。

MacBookの隣にいても,高級感を損なうことのない凛としたただ住まいは「素晴らしい」のひとことですね。

 

デメリット

持ち運ぶ際にケーブルが邪魔

良いこと尽くしに見える「ケーブル型」のハブですが,1つ気になるデメリットもあります。

それは…

持ち運ぶ際にケーブルが邪魔

ということです。(漂う本末転倒感…)

 

MacBookに乗り換えてからというもの,ショルダーバックなどで出かけることも多くなりました。

その際にハブをショルダーバックに入れようと思うと,本体はちょうどよく収まるのですが,ハブから伸びたケーブルが意外と邪魔です…

「変な格好で収納してケーブルが破損したら嫌だし」と気を使って,「ポイっとカバンに放り込むことができない」というんでしょうか。

気軽に持ち運ぶというよりは,大切に扱わなければいけない感が満載です。

 

いちいち気を使って持ち運ぶのも面倒なので,私はこのハブをほぼ自宅据え置きで使用しています。

もちろん必要があれば持ち出しますが,持ち出すのは「今日はハブを使う」ということが確実にわかっている場合のみです。

あとは出先ではクラウドを上手に活用することで,ハブに極力頼らない作業環境を構築しています。

 

Amazonはこちら

 USB Type C ハブ 7in1 USB C ハブ ウルトラスリム USB C ドッキングステーション

楽天市場はこちら

 【7in1】USB C ハブ Type C ドッキングステーション USB Type-c Hub

 

見た目重視 (一体型)

 

次にご紹介したいのは「とにかく見た目をスタイリッシュに!」「せっかくのMacBookだからかっこよく決めたい!」という方にお勧めのMacBookと一体型のハブになります。

 

メリット

最大の利点はかっこよさ

一体型のハブのメリットは何と言っても,そのスタイリッシュないで立ちです。

MacBookと完全に一体化。

Macに詳しくない人が見たら,もはやサードパーティー性であることさえ分からないほどに一体です。

…というか,Appleが純正で出しているハブよりも圧倒的にかっこいいですね。

こちらも素材はアルミを使用していますので,MacBookとの見た目の親和性もお墨付き。

 

ケーブルが邪魔にならない

そして2つ目のメリットとして,前述の「ケーブル型」のデメリットであった「ケーブルが邪魔」という点を見事に克服しています。

持ち運ぶ際もケーブルに気を使うことなく,カバンの中に放り込んでおくことができます。

「気軽に持ち運べる」というのは大きなメリットですね。

 

デメリット

かっこよさでは断トツの「一体型」ハブですが,前述の通り不安な点もあります。

それは「充電しながら使うとハブが熱くなる」という点です。

それも,いくつものレビューを調べていくとわかりますが「心配なくらい」熱くなるとのこと。

先にも述べましたが,熱はPCの大敵です。

「精神安定上落ち着かない」という人は注意が必要です。

 

Amazonはこちら

 BHOMEA Type C ハブ 3.1 7in1 Macbook

楽天市場はこちら

 USB C ハブ Type C MacBoo 7in1 Type-Cハブ PD充電

 

値段重視 (安さ追求型)

「ケーブル型」→「一体型」ときたら,最後はやはりこれ!

「安さ追求型」です!

流れが全く分かりませんが…(;・∀・) 貧乏な島暮らしには重要ポイントです!

 

メリット

価格

「価格」これが安さ追求型の唯一で最大のメリットです。

考えようによってはこの一つのメリットが,さらに数多くのメリットへとつながっていきます。

 

まず,値段が安いゆえに「失敗してもまた買い替えればよい」と安心して購入に踏み切ることができるという点があります。

それなりの値段がするハブだと「失敗したくない」という考えが邪魔をすることがあります。

その点,11,0002,000円ほどのハブであれば,ある程度失敗を恐れずにチャレンジできるということです。

 

もう一つのメリットは,値段が安いゆえに「気軽に扱える」という点です。

先に挙げたメリットと通ずる部分ですが「ラフに扱って壊れてもショックが少ない」ために,多少ラフに扱っても大丈夫という安心感を得ることができます。

 

「気軽に買えて,気軽に扱える」これが安さ追求型の最大のメリットです。

 

デメリット

安さ追求型のメリットは「安い」ことですが,やはり安いのにはそれなりの理由があるはずなので,その点も頭に入れておかなければなりません。

 

急速充電に対応していない可能性

例えば「USB-Cポートでの充電可能」を謳っているハブであっても,安いハブの場合「急速充電には対応していない」ケースが少なくありません。

USB PD規格に対応していない場合,あくまでも「充電できる」レベルであって快適さとは程遠いというケースもありますので覚悟が必要です。

「充電はMacBookにある唯一のUSB-Cポートで行い,あくまでもハブは拡張したい時にだけ使う」という割り切った使い方をする場合には大きな問題にはならないかもしれません。

 

読み込み速度の不安

さらに安さ追求型のハブで不安なのは,USBモリーなどの読み込み速度の問題です。

ある程度の値段のするハブならば大抵,少なくとも1つはUSB 3.0に対応したUSB-Aポートが付いてくると思います。

安さを追求したハブの場合は恐らく,USB 2.0規格のものが使用されているはずです。

詳しい説明は省きますが,USB 3.0USB 2.0ではUSBモリーからの読み込みや書き出しのスピードに大きな違いが出てきます。

USBモリーと頻繁にデータのやり取りをするような用途を考えている場合は注意が必要です。

 

耐久性の不安

これは安さを追求したアイテム全般に言えることですが,「耐久性に不安」があります。

安いハブを購入した知人たちが口をそろえて言うのは「あっという間に使えなくなってしまった」ということでした。

 

これは前述の通り「安いから壊れても買い増せばよい」と切り替えられる点なのですが,「それにしてもあまりにも早く壊れてしまったゆえにさすがにがっかりした」ということのようです。

「こんなに早く壊れてしまって何度も買い替えるくらいなら,初めからある程度のハブを買っておけばよかった」という知人たちの意見を参考に,ドケチな私もハブは最初からケチらずにある程度のものを購入したのでした。

 

「長期的に使用するわけではないけど,とにかくハブが必要!」という方や,「とりあえず安く買ってみて当たりを引ければラッキー」くらいに考えられる方には安さ追求型のハブがお勧めです!

 

安さ追求型のハブはラクマなどのフリマサイトで売られています。

2019年6月現在の値段は,1,500円ほどです。

 

 

まとめ

たくさんあるハブの中から,それぞれのタイプに応じてお勧めできるハブをご紹介しました。

私の場合は,それぞれのタイプのメリット・デメリットを比較考量した結果「ケーブル型」のハブに行き着きました。

持ち運びのしやすさやMacBookとの親和性を考えた時に一番いいのは「一体型」ですが,どうしても「熱を帯びる」という点が気になったので躊躇してしまいました。

 

ケーブル型を買って,小さな不満はありますが今のところ後悔はしていません。

むしろケーブル型のハブを買って持ち運びに不便を感じたおかげで,「ハブを使う場面」と「クラウドを活用して乗り切る場面」をうまく仕切ることができたので良かったのかもしれません。

 

もちろん,人それぞれ状況は違います。

ご自分に合ったハブを選択し,快適なMacライフをお送りください!

 

Amazonはこちら

 USB Type C ハブ 7in1 USB C ハブ ウルトラスリム USB C ドッキングステーション

楽天市場はこちら

 【7in1】USB C ハブ Type C ドッキングステーション USB Type-c Hub 

MacBook 12インチモデルに乗り換えました![開封レビュー]

f:id:AkMk:20190521112754j:plain

うがみんしょーらん!(奄美の方言で「こんにちは」)

今回は「MacBook 12インチモデルに乗り換えたよ」ってお話をしていきたいと思います!

 

ちなみに今回乗り換えたのは…

MacBook 12インチ Early2015

CPU … Core m7 (1.3GHz)

メモリ … 8GB

ストレージ … 512GB

の,CTOモデルになります!

 

これまでの愛用機は,MacBook Pro Early2015 13インチのいわゆる「吊るし」モデルでした。

メモリ8GB・ストレージ128GBの,何もカスタムしていないモデルです。

 

ずっと以前からの憧れだったMacBook 12インチに,ようやく乗り換えることができて大満足です!

 

 

なぜ MacBook Pro 13.3インチ → MacBook 12インチ?

これまで私は,MacBook Pro Early2015 13.3インチモデルを約1年に渡って愛用してきました。

 

ほぼ毎日必ず触り,時に持ち運び,それはそれはお世話になりました。

とてもまだ1年しか経っていないとは信じられないほど,中身の濃い1年を共に過ごさせてもらったと感じます。

 

では,そんな愛機であるMacBook Pro 13.3インチをなぜ手放そうと思ったのでしょうか?

一言でいえば「重量が気になりだしてしまった&容量が足りなくなってきた」という理由です。

あ,二言になっちゃった…。

 

MacBook Pro 13.3インチの前はMacBook Airを使用しておりました。

多少の重量増を覚悟の上,Retinaディスプレイを手に入れるためにMacBook Proに乗り換えたのでした。

この辺は前述の過去記事の中で詳しく触れています。

 

1年間使用してきて感じるのは,やはり1.6㎏は重いということでした。

机に向かって使う場合や,家の中での移動であればさほど気になることはありません。

ディスプレイを開いた状態でも,容易に片手で持ち上げることができます。

しかし外に持ち出して使うことを考えた時に,MacBook Proの重量はネックになってしまっていました。

「使うかどうかわからないのであれば持っていくのはやめておこう」という思考になり,結果として使用頻度が下がってしまう…という状態でした。

それで,より軽量なMacBook 12インチモデルへの乗り換えを検討し始めることになります。

 

それに追い打ちをかけるように もう一つの要因となったのが,ストレージが足りなくなってきた という点でした。

これまでのMacBook Proに搭載されていたストレージは128GBです。

以前でしたらこれで余裕だったはずなのですが,Parallels Desktopを使ってWindowsも入れているせいか だんだんと容量が圧迫されるようになってきました。

SSDの容量が圧迫されると,やはり全体的に動きもモッサリしてきますし,小さなストレスの要因となっていました。

(例えばシャットダウンした状態からの起動も,以前から比べると体感で分かるほど遅くなってしまっていました。キビキビ動作のMacで,なおかつ まだ1年しか経っていないのにその状態では先が思いやられるな…という感じだったのです。)

 

おそらく,どちらか一方の理由だけであれば私はMacBook Proを使い続けていたと思います。

今あげたような小さな不満点もありましたが,全体的には大満足の一台だったからです。

重さが一つのネックだったとはいえ,それだけの理由で買い替えを検討するほど嫌気がさしているわけではありませんでした。

ストレージだけが足りないのであれば,外部ストレージなどを活用することで活路を見出すことができたに違いありません。

しかし2つの理由が重なってしまったために,「だったら買い替えちゃってもいいかもな…」と心境が変化していったのでした。

 

詳しくは後述しますが,私の用途としてライトな作業がほとんどのため,「だったらMacBook AirMacbook Pro2016年モデル以降に乗り換えるより,CPUを犠牲にしてでも大幅な軽量化を図ったほうがいい」という結論に至り,Macbook 12インチに狙いを定めました。

2015年モデルのMacBookはだいぶ値段が落ち着いてきたこともあり,私のような一般peopleにもてが出しやすくなっていたことも背中を後押しする要因となったように思います。

 

今回購入したMacBook 12インチは,重量の点では650gの軽量化

ストレージは,なんと驚異の4に増加しました。

小さな不満点が,想像以上に大幅改善されたモデルを見つけてしまったので「これは買い替えなければ!」という意味不明な使命感に燃えて,気づいた時にはポチってしまっていたのです。

 

今回購入したMacBook 12インチモデルの紹介

f:id:AkMk:20190521112913j:plain

今回購入したのは,前述の通りMacBook Early2015CTOモデルになります。

今から考えたらもう4年も前のモデルになるんですね。

でも今まで使用してきたMacBook PrEarly2015でしたから,これまで使用してきたモデルと古さの点では変わりません。

なので古いモデルであることはあまり気になりませんでした。

 

非常に程度の良い (中身の話) 中古のMacBookを見つけてしまったので,前述の通りポチってしまいました。

ただでさえCTOモデルは数が少ないうえに,そのうえでバッテリーの状態が良いものとなるとかなり限られてきてしまいます。

しかしちょうど良いところに「ディスプレイに小さな傷があり・天板に小さなえくぼがある」という理由で,CTOモデルが破格の値段で販売されていたのです!

 

そんな見た目の不具合は,ちょっと手を加えてあげれば全然 気にならなくなります。

それで迷うことなくポチりました!

 

外面は少し傷んでいるMacBookですが,スキンシールで天板を覆ってしまえばえくぼは全く目立たなくなります。

Amazonはこちら

[全31色] wraplus for MacBook Retina 12 インチ [ゴールドカーボン] スキンシール

 

アンチグレアフィルムを貼ってしまえば,ディスプレイの傷も全く見えなくなってしまいました!

Amazonはこちら

極上 ブルーライトカット 超高精細アンチグレア 国内正規品  MacBook 12インチ

 

もともと中身は元気ですから,これからまだまだ活躍してくれることを願います。

 

しかし古いモデルであるゆえに,2015年モデルのMacBookに不安がなかったわけではありません。

私の用途での不安点としては,CPU性能の低さ・バッテリー持ちの悪さです。

いずれも2016年以降のモデルで,調整が図られている点だったと思います。

 

しかし今回購入したMacBookは,CPUCore m7 (1.3GHz)クロックアップされていました。

2016年のCore M3モデルよりも高性能のCPUということになり,これで不安点が一つ消えます。

 

そしてバッテリーの持ちに関しても,USB-Cポートを搭載したMacBookはモバイルバッテリーで充電できるので,持ち運びの際にも気にならないという結論に至りました。

MacBook Pro Early2015を持ち運んで長時間使う際には 充電場所の確保がマストでしたが,MacBookであればモバイルバッテリーで充電できるので より可搬性がアップしたようにさえ感じます。

考え方ひとつで,世界ってこんなに変わるんだな… と勉強させられます…

 

ちなみに,私はあまりカラーにこだわりがないのですが,今回購入したMacBookは「スペースグレー」でした。

これまでは歴代シルバーのMacBookを使用してきたため,最初に見た時には「オオッ!」という感動を覚えました。

しかし後述しますが,このスペースグレーモデルは管理がなかなか大変です…

 

MacBook12インチの良い点

重量

MacBookに乗り換えて感じるメリットはやはり,なんと言っても重量の軽さです!

これは本当に衝撃を受ける… というか,笑ってしまうレベルの軽さでした。

 

片手でも難なく持ち上げることができます。

これまでのMacBook Proも片手で持ち上げられたのですが「持ち上げるだけで精一杯」で,そのまま持ち続けるのはさすがにキツイ感じでした。

ところがMacBookは片手でずっと持ち続けても,腕がプルプルしてくる兆候が全くありません。

そりゃぁ650gも軽くなれば衝撃を受けるはずですよね。

iPad Pro一台分以上の軽量化なわけですから。

 

これまではMacBook Proを持ち出す際バックパックが必須でしたが,MacBookはショルダーバックなんかで事足りてしまいます。

「肩に食い込んできて痛い」なんてことも全くなく,難なく持ち運べますよ。

さすがにMacBookiPad Pro2台を持ち運ぶのはショルダーバックではきついですが…

 

初のバタフライキーボードは良い感じ!

f:id:AkMk:20190521113143j:plain

私は今回のMacBookで,バタフライキーボードデビューとなりました。

初めて打鍵してみた感想としては,「なるほど!これが噂のペコペコキーボードか!」という感じです。

 

ファーストインプレッションとしては決して悪いものではありません。

イメージとしては,iPad Proのスマートキーボードと似ている感じでしょうか。

スマートキーボードのキーストロークを,さらに薄くしたような打鍵感です。

 

この第一世代バタフライキーボードに関してよく見かけるレビューは「板をたたいているようで指が痛い」というものです。

わたしはもともと強く打鍵する方ではなく,なぞるようにして優しくタイピングするタイプの人間です。

iPad Pro 12.9インチモデルを使用していた際には,キーストロークがないスマートキーボードが快適で,長文さえiPadだけで打ててしまうほどでした。

私のようなタイプの人間にとっては,このバタフライキーボードも良いのかもしれません。

しかしまだここまで3000文字ほどしか打っていないので,今後長文を打ち込んでみて感想が変わるかもしれません。

キーボードに関してはまだ検討の余地があるため,ファーストインプレッションは悪くないと言うにとどめておきたいと思います。

 

CPUは問題なし

MacBook Proと比べCPU性能は著しく低下してしまいましたが,今のところ不満に感じるところはありません。

もともと私はライトユースでしか使わないため,MacBook Proの性能はオーバースペックだったのかもしれません。

ちなみに,これまでParallelsWindows環境を構築していましたが,MacBookへの乗り換えを機にBoot CampmacOSWindowsを完全に分けて使用することにしました。

これはMacBookCPUとメモリ的に両OSを同時に使うとカツカツになりそうだったのと,私自身の用途が変化したという点があります。

OSを同時に走らせなくても 分けて使えば事足りるようになったので,CPUやメモリにかかる負担を考えてBoot Campを選択しました。

Windowsを使っている時ってmacОSは実質使っていないことがほとんどなんですよね。

それで「macОSを走らせている分の電力消費やメモリの消費がもったいないな…」と常々 感じていたんです。

今回は作業環境を見直すうえで ちょうど良い機会だったと感じています。

そんなことも合わさってか,今のところmacOS側でもWindows側でも不満を感じる場面は皆無です。

今後,ときどき行なう動画編集においてはストレスを感じることもあるかもしれません…

 

意外とスピーカーの音が良い

これは全く期待していなかったために 良い意味で期待を裏切られた点ですが,意外と音が良いです。

 

…あくまでも「MacBook Pro Early201513インチモデルと比較して」という話にはなりますが,非常に音がクリアで聞き取りやすくなったように感じます。

MacBook Proは底面にスピーカーがあり 机に反響する音が耳に届くような感じでしたが,MacBookはキーボードの上部にスピーカーが配置されており,直に音が耳に届くスタイルであることが影響しているのかもしれません。

いずれにしても高音も非常にクリアで,ボリュームを上げてみても音が割れるようなことは全くありませんでした。

この辺りの作りは「さすがApple」といったところでしょうか。

 

これまではあまりMacのスピーカーで音楽を聴く機会がありませんでしたが,これからは活用してみようかなと思います。

 

MacBbook 12インチの気になる点

まだ乗り換えたばかりなので全容は見えていないと思いますが,やはり気になる点も幾つかありましたのでお伝えしておきたいと思います。

 

スペースグレイモデルはかっこいいが汚れが目立つ…

これはMacBookに対する不満というよりも,カラーに対する不満ですが…

スペースグレイモデルはかっこいい反面,非常に指紋や手あかが目立ちます!

以前の記事でも触れていますが,私は人一倍… いえ 人二倍の手脂をつかさどる人間ですので,私のようなものが触るとあっという間にベトベトの汚れが目立ち,せっかくのかっこよさが台無しになります。

「かっこよさが半減」程度であれば許せるのですが,もはや逆効果としか言いようがないほどに汚れてしまうために,これは明らかなデメリットです。(我ながら書いていて悲しくなってきた…( ;∀;))

パームレストなんかは特に最悪で,手汗やら手あかやらが混ざって 人にお見せできないほどにひどい状態になりました…

 

これは前の部分でご紹介した,スキンシールを貼ることで解決済みです。

Amazonはこちら

 [全31色] wraplus for MacBook Retina 12 インチ [ゴールドカーボン] スキンシール

f:id:AkMk:20190521113247j:plain

今回は「ゴールドカーボン」にしました。スペースグレーと相まってなかなかいい感じです!

 

端子がUSB-Cポート1つなのはやはり面倒

f:id:AkMk:20190521113404j:plain

周知のとおり,MacBook 12インチモデルには端子がUSB-Cポート1つしかありません。

それは覚悟のうえで購入したのですが,実際に使ってみると「やはり面倒だな」という印象です。

USB-Cの変換ポートが欠かせません。

Amazonはこちら

 USB Type-c ハブ USB C ハブ 4K HDMI USB SDカードリーダー Micro SD カードリーダー USB3.0

 

解決策としては,クラウドをうまく使い,外出先には極力 変換端子を持ち歩かなくて良い環境を構築しています。

 

まとめ

実は私がマカーになる際,一目ぼれし最初に購入を検討したのが MacBook Early2015でした。

そのスタイリッシュなフォルムと,用途を限定することを割り切ったうえで軽量化に走っている

そのアウトローな生き方が私にぴったりだと感じたからですw

しかし当時はまだ値段も落ち着いておらず,とても初Macとして手が出せる領域のマシンではなかったために 入門機としてMacBook Airを購入したのでした。

 

それからMacBook Proを経由し,ようやくたどり着いた憧れのMacBook

憧れにたどり着いたというその事実だけで,今はお腹いっぱいに感じています。

これから使い込んでいき,見えてくる粗もあることでしょう。

実際に現段階でも先に挙げたように,気になる点がないわけではありません。

でもそれらも含めて,今はMacBookに乗り換えて本当に良かったと感じています!

 

これから使い込んでいき,また長期使用レビューでもしたためたいと思います。

皆さんのMacライフが快適なものでありますように☆彡

 

Amazonはこちら

 Apple MacBook (12インチ, 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3, 256GB) - スペースグレイ

 

[緊急時にも]全国の自宅にお花を無料配達してくれるサービスが秀逸な件!

f:id:AkMk:20190416105842j:plain

今回は、自分の失敗談を元に素晴らしいサービスを見つけてしまったのでご紹介したいと思います!

 

毎日忙しい日々を送っていると、大切な人との記念日を「ついうっかり」忘れてしまうことってありませんか?

「しっかり覚えていよう」と1ヶ月前にはしっかり確認したはずなのに、いざその日が来るとすっかり抜けてしまっていて大慌て!なんて経験は誰もが通る道かもしれません…苦笑

かく言う私も、大切な人との記念日をすっかり忘れてしまいそうになった経験があります。

幸い当日ではなく何日か前に「ハッ!(⁰▿⁰)」と気がつくことができ難を逃れましたが、きっとこんな経験をしているのは私だけではないはず…

 

朝仕事に行ってから、その日が大切な記念日だった!と言うことに気付かされたら、皆さんはどうされますか?

「プレゼントを選んでいる時間もない…」「ネットで買おうにも当日配送できるところなんて限られるし…」そう思ってあきらめてしまうでしょうか?

少しキザな方法かもしれませんが、そんな時お花🌹🌼🌸を買ってプレゼントするのはいかがでしょうか?

 

特に女性にとっては、男性が思っている以上にお花のプレゼントは嬉しいもの…

f:id:AkMk:20190416110908j:plain

大切な日を忘れていた状況を逆手にとって、相手もビックリするようなサプライズプレゼントを贈ってしまいましょう!

「今日が記念日当日!」という緊急な状況でもOKの、とっておきのサービスがあります!

そのサービスがこちら

 

 

 即日配達・送料無料!お花のプレゼントなら【フジテレビフラワーネット】

 

その名も「フジテレビフラワーネット

…ちなみに、大切な人との記念日だけでなく「仕事の取引先にお花を送りたい!」という状況にもしっかり対応できるサービスとなっていますので、様々な状況で活用することができます。

 

緊急時に!12時までの注文で即日配達!

f:id:AkMk:20190416110202j:plain

大切な日の当日になって気づいた場合… しかもその日が仕事で自由にプレゼントを選んでいる時間がない場合… 間違いなく顔面蒼白になりますよね(・・;)

そんな緊急事態の助けになるのが、フジテレビフラワーネットです。

12時までに注文すれば、当日中に自宅まで無料配達してくれます!

当日中に」しかも「自宅まで」配達してくれるなんて、なんて親切なサービスでしょう!

 

せっかくの記念日なのに、大切なあの人との仲が険悪に… なんて最悪の状況からの救済策となりますね!(^^;

 

お花のセンスがなくてもOK!豊富なバリエーションから一瞬で選択可能!

f:id:AkMk:20190416111432j:plain

しかしお花を贈るといっても、「お花を選んでいる時間がない」とか「お花を選ぶセンスもない」なんて悩みが浮かんでくるかもしれません。

そんな悩みも不要です。

お急ぎ便の場合、たったの5ステップで花の注文を完結させることができます。

大まかにいますと、、、

 

1 用途の選択

2 スタイルの選択(アレンジメントor ブーケor 花束)

3 予算の選択

4 色の選択(赤系・白系など。お任せも可能!)

5 お届け日・お届け先の指定

 

 

たったのこれだけです!

この情報さえ選択すれば、後はプロが見繕ってくれるという安心感!

急いでいるときや、お花のセンスには自信がない男性の方でも安心して注文することができます。

 

さらに、すでにアレンジメントされたお花も幾つも用意されています。

時間に余裕があるときには、その中から大切な人が喜びそうなお花をじっくり選ぶことも可能です。

 

予算も選択可能!リーズナブルな料金設定

・当日に自宅まで配達してくれる

・すでに美しくアレンジメントされた花束から選択可能

となると、次に心配になるのが料金設定ですよね。

「これだけのサービスが詰め込まれているのだから、きっとそれなりにお高いんだろう」と私も考えました。

しかし、その心配は杞憂に終わりました!

 

前述の通り「記念日の当日に急いでお花を贈りたい」という状況でも、ご親切に「予算まで選択可能」なのです!

f:id:AkMk:20190416111353j:plain

予算は3,000円〜30,000までと、かなりの幅の中から選択可能です。

 

普通であれば緊急な状況にかこつけて高額な料金を請求されそうなものですが、こちらの予算に合わせて花束を用意してくれるなんて良心的な…!

もちろん大切な人との関係をお金に変えることはできませんので、多少の金額を払ってでもその関係を守りたいと思うかもしれません。

それでもこちらの予算に合わせて花を繕ってくださるというのは、私のような貧乏人にとって非常に助かります!

 

その他のすでに美しくアレンジメントされた花束たちも、比較的料金がリーズナブルなのも注目できるポイントです。

「トップフローリスト」の制作したアレンジメントや花束も数千円から選択可能となっていますので、記念日のプレゼントとしてはリーズナブルと言えるのではないでしょうか?

 

全国に配送可能!約1,800の加盟店が徹底網羅!

f:id:AkMk:20190416111659j:plain

「サービス自体が素晴らしいのはよく分かったけど、うちは田舎だしきっとサービス圏外だろう…」

田舎住まいの難しさって、そういうところにあったりしますよね(。・ω・。)

普段は自然豊かな田舎暮らしを堪能しているのですが、こういったサービスを受ける立場になって考えると、都会っていいなと思ったり…

 

でもご安心ください!

田舎も含め、全国にお花を配送してくれるのがフジテレビフラワーネットの強みなのです!

…それでも私は思いました。

「さすがに奄美は無理だろう」と。

「どうせ奄美んちゅは、海辺で花でも摘んでるしかないんだろう…」と、いじやける準備万端でした…( ̄ー ̄)

 

しかし、調べてみるとなんと…!!

奄美にも加盟店があるではありませんか!!

しかも1店だけではありません。「名瀬」という市内に2店舗もあります!!

さらに!

喜界島、徳之島、与論島といった奄美群島にも加盟店が軒並み揃っています!!

素晴らしい網羅率!!!

各離島にもこれだけ揃っているのであれば、全国ほとんどの場所に配送可能なことは想像に難くありません。

 

「こんな素晴らしいサービスは都会限定…」というこれまでの常識を打ち壊す、画期的なサービスであること間違いなしです!

 

 

付録 (主要な花の花言葉)

では最後に、主要な花たちの花言葉をご紹介しておきたいと思います。

大切な人に贈るメッセージというのは、考えるのがなかなか難しいものです。

例えいいセリフが思い浮かんでも、実際 口にするのはさらに至難のわざ…(・□・;)

そんな時は、代わりにお花に語ってもらえばいいんです!

f:id:AkMk:20190416111519j:plain

 

春の花

アイリス

f:id:AkMk:20190416112213j:plain

花言葉「あなたを大切にします」

 

ガーベラ

f:id:AkMk:20190416112517j:plain

花言葉「神秘・究極の愛」

 

カーネーション

f:id:AkMk:20190416112710j:plain

花言葉

赤「愛を信じる」

ピンク「熱愛」

 

カンパニュラ

f:id:AkMk:20190416113206j:plain

花言葉「感謝・誠実」

 

キキョウ

f:id:AkMk:20190416113410j:plain

花言葉「変わらぬ愛・誠実」

 

ジャスミン

f:id:AkMk:20190416113638j:plain

花言葉「愛らしさ・優雅」

 

スイートピー

f:id:AkMk:20190416113807j:plain

花言葉「青春の喜び・門出」

 

バラ

f:id:AkMk:20190416113911j:plain

花言葉

赤「あなたを愛しています・熱烈な恋」

ピンク「上品・愛の誓い」

白「純潔・私はあなたにふさわしい」

黄「友情・平和」

 

ワスレナグサ

f:id:AkMk:20190416114059j:plain

花言葉「私を忘れないで・真心の愛」

 

夏の花

アスター

f:id:AkMk:20190416114315j:plain

花言葉「信ずる恋・追想

 

カモミール

f:id:AkMk:20190416114506j:plain

花言葉「親交・仲直り」

 

 

月見草

f:id:AkMk:20190416114646j:plain

花言葉「自由な心・沈黙の愛」

 

ひまわり

f:id:AkMk:20190416114906j:plain

花言葉「崇拝・あなたは素晴らしい」

 

秋の花

キク

f:id:AkMk:20190416115033j:plain

花言葉「わずかな恋・高潔」

 

コスモス

f:id:AkMk:20190416115343j:plain

花言葉「乙女の真心・少女の純潔」

 

デンファレ

f:id:AkMk:20190416115307j:plain

花言葉「わがままな美人」

 

ネリネ

f:id:AkMk:20190416115548j:plain

花言葉「また会う日を楽しみに・忍耐」

 

冬の花

アングレカム

f:id:AkMk:20190416115708j:plain

花言葉「祈り・いつまでもあなたと一緒」

 

カランコエ

f:id:AkMk:20190416120020j:plain

花言葉「幸福を告げる・あなたを守る」

 

クリスマスローズ

f:id:AkMk:20190416120145j:plain

花言葉「私の不安を和らげて・慰め」

 

ツバキ

f:id:AkMk:20190416120334j:plain

花言葉「控えめな優しさ・誇り」

 

ポインセチア

f:id:AkMk:20190416120728j:plain
花言葉「祝福・清純・私の心は燃えている」

 

まとめ

最後は少し本線からそれてしまいましたが…

こうして振り返ってみると、花の多様性に改めて感銘を受けます。

そしてそれに伴う数々の花言葉… 素敵ですね。

 

 

ではでは、「大切な記念日を忘れていた!」という私のような方も!

あるいは普段思っていることを口にできない「昭和の男」なあなたも!

活用できるサービスを十分に活用し、大切な人との記念日を存分に楽しまれてくださいね!

 

あなたとあなたの大切な人が、いつまでも幸せでいられますように☆ミ

 

 即日配達・送料無料!お花のプレゼントなら【フジテレビフラワーネット】