読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島んちゅおさるの"てげてげ"日記

奄美大島在住の島んちゅ「おさる」が、てげてげ(島の方言で「適当な人」を指して用いる言葉)に島での暮らしや大好きなガジェットネタを綴ります!

MacBook Air 13インチとMacBook Pro 13インチで悩む…

f:id:AkMk:20170427093019j:plain

 

うがみんしょーらん!

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

最近は、奄美に関する情報発信をなおざりにして、Macに関する悩みばかり綴っています…(;´・ω・)

 

「MacBook12インチが欲しい!」と思い立ってからというもの、ネットでMacに関する情報を集める日々。

本命はMacBook12インチでしたが、 性能・使い勝手 と 価格 がどうも吊り合っていないように思え、同じようなサイズのWindowsPCと比較し悩みました。

 

akmk.hatenablog.com

 

その後、コスパ最強!?と思えるMacBookAir13インチに出会い、そちらに惹かれていきました。

 

akmk.hatenablog.com

 

 

そして今回はとうとう…「MacBook Pro 13インチ」に辿り着いてしまいました…!

※ここで言う「MacBook Pro 13インチ」とは、2015年モデルを指しています。

 

 なぜ2016年モデルではなく、2015年のMacBook Pro 13インチ⁉

MacBook Air 13インチと悩むなら、普通は13インチMacBook Pro 2016 タッチバー非搭載モデルじゃないの?」と思われるかもしれません。

確かに、2016年のタッチバー非搭載モデルは MacBook Airユーザーを対象に作られた…なんて話も聞いています。

 

ではなぜ今、あえて2015年モデルのMacBook Pro 13インチなのでしょうか?

 

それはやはり…

コスパが良いからです!(*´∀`*)エヘ

 

もちろん、最新モデルのMacBook Proが欲しくないわけではありません。

湯水のように使えるお金があれば、間違いなく買います!

 

しかし、現時点ではまだ値段が高いです。

さらに、2016モデルのMacBook ProMacBook 12インチと同じくUSB-Cポートしか搭載されていませんので、変換アダプターを買い増す必要が生じます。

本体はさらに小さく・軽くなり、液晶もさらに美しくなっている というメリットに目を向けて見ても、まだ「コスパが良い」とは言い難い状況です。

 

それに比べ、2015年モデルのMacBook Pro13インチは、標準でUSB-3.0やHDMIポート、さらにはSDカードスロットを備えていますので、余計な出費を減らすことができます。

本体の大きさや重さ・性能の良さを差し引いても、もともとの値段が安い2015年モデルのMacBook Proのほうが、まだコスパは良いですよね。

 

さらに、電源ケーブルにMagsafeが採用されていることも根強い人気の理由だとか。

…私としてはここは重要ポイントではありませんが、そう言われると気になりますねw

 

MacBook Pro 13インチをMacBook Air 13インチと比較してみて

どのPCを買おうか迷い始めた当初、私の頭の中には「MacBook Pro」の文字は全くありませんでした。

Proらしい使い方はしないし、高そうだし、重そうだし… という理由です。

 

しかし、調べてみて初めて知ったのですが、実はMacBook Air 13インチよりMacBook Pro 13インチの方が本体サイズが小さいのです!

 

MacBook Air 13インチ

幅  32.5㎝

奥行 22.7㎝

高さ 0.3~1.7㎝

重さ 1.35㎏

 

MacBook Pro 13インチ 2015

幅  31.4㎝

奥行 21.9㎝

高さ 1.8㎝

重さ 1.58㎏

 

若干の差ではありますが、MacBook Proの方がコンパクトに作られています。

 

正直、MacBook Airのサイズは持ち運ぶときに少し大きいな…と思えていたところだったので、この事実に衝撃を受けました。

 

重量はMacBook Proの方が重いですが、その差は200gほどです。

たった200gの重さで、MacBook ProRetinaディスプレイを搭載している…

CPUも、MacBook AirよりMacBook Proの方がはるかに高性能…

 

今のところ性能を求めるような作業をする予定はないけれど、Proを買ったら買ったで動画編集とかするんじゃないか? という邪念が頭をよぎります。

…そう言ってる人って、大抵しないんですけどねww

 

そんなことを考えていたら、型落ちのMacBook Proも十分候補になり得るかも! と思えてきてしまったのです。

 

薄さに関しても、MacBook Proは分厚いというのは自分の偏見だったということを思い知らされました。

 

最厚部で言ったら、MacBook Air 13インチとMacBook Pro 13インチは、一ミリしか変わりません。

MacBook Airは先端に向けてどんどん薄くなっていくのに対し、MacBook Proは一定の厚さを先端部まで保っているだけなんですね。

 

デザイン的な好みは分かれそうですが、持ち運ぶ用途で考えると、どちらも大差はないという結論に至りました。

 

 

しかし、問題は価格ですね。

なんと、MacBook Pro 13インチ 2015年モデルは、MacBook 12インチと同じ値段設定なのです!

 

まぁ、MacBook Pro 2015年モデルは端子を買い増す必要がないので、MacBook 12インチよりはコスパが良いと言えそうですが…  迷いますね。

こう考えると、また振り出しに戻された気分です。

 

薄さと軽さのMacBook 12インチは魅力的ですが、CPUがCore Mで少々非力…

パワー不足に加え、拡張性の低さを加味すると値段が高く感じます。

 

同じ値段設定でCPUにCore i5を搭載し、はるかに高性能のMacBook Pro 13インチ2015年モデル。

しかし、その分重量があるので、毎日持ち出して使うには少々重たい…

 

そして、コスパ最強のMacBook Air 13インチ。

Retinaディスプレでない画面の粗さがたまに傷…

 

要は自分がPCに何を求めるかということになるんですが、欲張りな自分にとってはどのモデルも、何かが欠けているんですよねw

帯に短したすきに長し…と言うのでしょうか。

 

MacBook Air 13インチのRetinaディスプレイバージョンがあったら間違いなく即決するんですが、2016年の13インチ MacBook Pro タッチバーなしモデルがありますから、恐らく出ないでしょうね。

 

さて、困ったもんだ…(;´・ω・)

 

 

まとめ

今回の比較で、さらに悩みが深まった気がします…

 

MacBook Air 13インチか、MacBook Pro 13インチか、初心に帰ってMacBook 12インチか…

うーん、悩みますね!

 

とりあえず、3機種それぞれのサイズと重量をまとめてみました。

 

  奥行 高さ(最厚部) 重さ
MacBook 12インチ 28.05㎝ 19.65㎝ 1.31㎝ 0.92㎏
MacBook Air 13インチ 32.5㎝ 22.7㎝ 1.7㎝ 1.35㎏
MacBook Pro 13インチ2015 31.4㎝ 21.9㎝ 1.8㎝ 1.58㎏

 

・持ち運び易さを重視すると、ダントツでMacBook 12インチ

・性能を重視するなら、ダントツでMacBook Pro 13インチ

コスパ重視で行くなら、ダントツでMacBook Air 13インチ

 

という感じでしょうか。

 

こうして見てみると、似ているようでいて、それぞれのカラーがハッキリしているんですね。

 

高い買い物ですので、後悔しないよう自分に合った一台を見つけてみたいと思います!