島んちゅおさるの"てげてげ"日記

奄美大島在住の島んちゅ「おさる」が、てげてげ(島の方言で「適当な人」を指して用いる言葉)に島での暮らしや大好きなガジェットネタを綴ります!

MacBook AirからMacBook Pro Early2015に乗り換えました!

うがみんしょうらん!(島の方言で「いらっしゃい」とか「こんにちは」というニュアンスの言葉)

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

この度、これまで約一年に渡って愛用してきたMacBook Air 13インチモデルから、MacBook Pro 13インチ Early2015 モデルへと買い替えました!

まさか自分がMacBook Proに手を出す日が来るとは…。

 

以前に MacBook Air 13インチモデルとMacBook Pro 13インチモデルを比較する記事を掲載し、頭を悩ませていた時期があったのは事実です。

 

しかし私の用途的に MacBook Proのスペックが必要でなかったことや、コストパフォーマンスを考慮して MacBook Airを購入しました。

ではなぜ今になって、MacBook Pro 13インチモデル…  しかもEarly2015に手を出したのでしょうか!?

決してMacBook Airがダメだったわけではありません。

過去記事の中でMacBook Airを繰り返し絶賛してきましたが、その評価は今も変わっていません。

スティーブ・ジョブズ氏の熱い想いが込められた一品ですからね!

 

MacBook Airを高く評価しつつも MacBook Proに乗り換えた理由を、今回はダラダラと説明していきたいと思います。

ちなみに私が今回購入したMacBook Proのスペックは以下の通りです。

 

MacBook Pro 13インチ Early2015

CPU … Core i5

メモリ … 8G

ストレージ … 128GB

の、最も安価な構成のモデルとなっています。

 

今回はこちらのMacBook Proを軽めに購入レビューし、MacBook Airとの使い勝手の比較などは後日また改めてアップさせて頂きます!

 

まずは買い替えたMacBook Pro 13インチ Early2015の外観レビュー

買い替えの理由を説明する前に、とりあえず新しく届いたMacBook Pro 13インチモデルの外観をざっと見ておきたいと思います。

 

f:id:AkMk:20180430150320j:plain

 MacBook Airとの大きな違いは、ディスプレイのベゼル部分です。

これまでのシルバーから、ブラックになりました。

特にディスプレイが暗い状態だと、境目が全く見分けがつきませんね。

それ以外に大きな変化はありませんが、スキンシールをこれまでのシルバーブラッシュメタルからカラーチェンジしたため、ガラッと印象が変わりました。

パームレスト部分のブラックレザー柄が、黒いベゼルとの相乗効果ですごく引き締まった印象を与えてくれます!

 

 [全31色] wraplus for 旧型 MacBook Pro Retina 13 インチ [ブラックレザー] スキンシール (Late2012 ~ Early2015)

 

f:id:AkMk:20180430150811j:plain

先端部分が分厚い、このフォルムこそ「Pro」の証!

詳しくは後述しますが、タイピング時の快適さ的に 私はProの分厚いデザインが好みです。

 

f:id:AkMk:20180430151335j:plain

f:id:AkMk:20180430151536j:plain

ポート類にも弱冠の変化が見られます。

個人的には、フルHDMI端子が増えたことが地味に嬉しいポイントかもしれません。

Thunderboltポートは、恐らくあまり出番が無いでしょうw

 

MacBook Proに乗り換えた最大の要因:Retinaディスプレイ

MacBook Proに買い換えようと思った最大の理由が「Retinaディスプレイ」です。

以前に書いた「MacBook Air 購入レビュー」や「半年使用レビュー」の記事では、MacBook Airのディスプレイで問題なし! という結論を下していました。

その感想は基本的に今も変わっていません。

MacBook Airのディスプレイも 一昔前のWindowsPCなどと比べれば、まだまだ第一線で戦えるレベルであると感じるのは確かです。

 

しかし 当初の私の用途では 満足できるレベルだったのですが、この1年の間に私の用途に弱冠の変化が見られ、それを踏まえるとやはり「Retinaディスプレイに乗り換えたい」という衝動を抑えきれませんでした。

詳しく説明しようと思うと長くなりそうなので、次の記事でまとめたいと思います…

 

毎日 長時間使用するものなので、できる範囲の中で最大限の快適さを求めたいですもんね。

もちろんそれだけの理由ではとても買い替えることはできませんが、次に挙げる理由と相まって買い替えに踏み切ることになります…

 

MacBook Pro 13インチ Early2015の市場価格がだいぶ下がってきた!

この2番目の理由が、買い替えに踏み切るにあたって強力な後押しとなりました。

MacBook Pro Early2015モデルの市場価格がだいぶ下がってきたことです。

 

MacBook Pro Late2016が発売されたばかりの頃は、USBポートがtype-Cに統一されたという点に不満を持ち あえてEarly2015モデルに手を出す人たちも多かったように思います。

新しいモデルが発売されたのに、一部のユーザーからは逆に支持を集める結果となってしまったEarly2015…

それではなかなか市場価格は下がりませんよね (^^;

しかしLate2016の発売から時間も経ち type-C対応のアイテムも増えてきたことで、以前ほどLate2016への抵抗が少なくなってきているように思います。

そうした状況もあり 買い替えを検討しだした時点で、だいぶEarly2015モデルの市場価格が落ち着いてきたなという印象でした。

 

もちろん新品で購入しようと思うとまだまだハードルが高いわけなのですが、私が目をつけたのは中古市場です。

これまで使用してきたMacBook Airを売って、プラス1万円くらいでMacBook Proが購入できるのであれば投資する価値はあると判断しました。

 

実際どうなったかといいますと、これまで使っていたMacBook Airよりも程度の良いMacBook Proを…

実質ジャストプラス1万円で購入することができました!!

なぜ「実質」なのかと言いますと、私が登録しているA8.netというアフェリエイトサイトでお小遣い稼ぎをしたからです。

ちょうど良いタイミングでセルフバックプログラムの報酬がアップしていたため、クレジットカードを作成するだけで15,000円ものセルフバックを受けることができました。

その15,000円をMacBook Proの購入に当てると、実質プラス1万円でMacBook Proを購入できたわけです!

アフェリエイトをしなくても、登録しておくだけでセルフバックが利用できますので便利ですよ♪

 

 A8.netの申し込みページはこちら

 

かなりお安くMacBook Proへの移行ができたと満足しております(^o^)

これまで使っていたMacBook Airの充放電回数が100回弱だったのに対し、新しいMacBook Proは30回未満です!

プラス1万円で使用回数の少ないMacBook Proに移行し、Retinaディスプレイを手に入れられるとは…!

MacBook Pro Early2015を検討しておられる方は今が狙い目かもしれません。

 

なぜMacBook12インチではなかったのか

MacBook Airからの買い替えを検討する際に、候補に入ってきそうなのが12インチのMacBookです。

私も以前から12インチMacBookには非常に興味を抱いており、今回も真っ先に候補に上げたのは12インチのMacBookでした。

携帯性に優れており、マシンパワーを必要としない人にはもってこいのマシンです。

 

ではなぜMacBook Proに落ち着いたのでしょうか。

正直 12インチのMacBookは、まだそこまで値段が下がっていないというのが大きな理由です。

ちなみに私が検討していたのは2016年モデルの12インチMacBookです。

2015年モデルであればかなり値段も落ち着いてきて入るのですが、スペックやバッテリー持ちの問題で2015年モデルは最初から候補外としておりました。

2016年モデルのMacBookMacBook Pro Early2015を比べると、後者のほうが手が出しやすかったということになります。

 

そしてもう一つ理由があります。

これまで私は「自分の用途ではマシンスペックは必要ない」と考えていました。

しかし1年ほどMacBook Airを使ってみて、虹色マークが現われて作業が一瞬中断させられる… という現象が時おり起きていることに気付かされました。

Parallels Desktopを使ってWindowsMacの両OSを走らせていたことが要因の1つかもしれません。

※この場合はもしかしたらCPUというよりはメモリが原因とも考えられますが…

私の用途的にParallelsは必須なので、そのことを考えると「12インチのMacBookでは少々心許ないかも」という考えが、MacBook Proに踏み切るよう私の心を動かしました。

 

実は他にも「いっそのことWindowsPCに戻ろうか」という邪念が頭をよぎったこともありましたw

RetinaディスプレイでなくてもFHDで妥協しよう」と思い、FHD搭載のWindowsPCを模索したのです。

特に心をくすぐられたのが、LenovoThinkpad X1 Carbonです。

あの黒いシックなフォルム…赤いポッチ…  「質実剛健」ということばがピッタリ当てはまりそうなあの出で立ちに心を奪われかけましたw

しかしやはり、使い慣れた快適なmacOSからWindowsに戻る勇気はなく、MacBook路線で行くことにしたのでした…

 

MacBook Proに乗り換えてみての感想

まだMacBook AirからProに乗り換えて間もないので詳しい比較はできていませんが、今のところの感想としては「MacBook Pro 最高!」です!

今回の買い替えの主な目的は「Retinaディスプレイ」を手に入れることだったので、その点においてまず大満足です。

Retinaディスプレイに変わることでこんなにも快適度が増すのか、と日々感心しています。

 

その代償として重さは200グラムほど増えてしまいましたが、正直そこまで気になる重量差ではないなという印象です。

パッと手にとって移動させようとする時に「ちょっと重くなったかな…?」と感じることはありますが、逆に言えばその程度の差だけです。

明らかに「重い!」と感じたり、持ち運びが億劫になるようなことはありません。

むしろ、これまでよりもスペックが上がっているので「重い=スペックが高い証拠」と前向きに捉えて毎日持ち運んでいますw

 

あと個人的に意外と嬉しかったのが、タイピングをしている時に アルミボディが手首に突き刺さらなくなったことですw

MacBook Airを机の上に置いてタイピングしていると、尖ったデザインのアルミボディが直に手首に刺さって痛いこと…

MacBook ProAirほど尖っていないので、タイピングをしていても手首に跡が付くほどメリ込んでくることはなくなりましたw

 

肝心のスペックに関しては、そこまで重い作業を連日こなしているわけではありませんので 目に見える変化はまだ経験していません。

ですがあの虹色マークを目にしたことはまだありませんので、細かい所で性能の高さが効いているのかもしれませんね。

もう少し様々な用途で使い込んでみて、また改めてレビュー記事を書きたいと思います。

 

まとめ

今回は「MacBook Pro Early2015 13インチモデル購入レビュー」とし、MacBook AirからProに乗り換えた経緯をダラダラとお話しました。

 

ファーストインプレッションは「最高!」の一言に尽きます。

Retinaディスプレイを含む実際の使用感はもちろん、購入した価格を含めて 満足の一台だと感じています。

まぁ… 新しいガジェットを購入した直後は誰もが「最高だ!」と感じるものですけどねw

少し使い込んでみて、粗が見え始めても尚「最高だ!」と言えるなら、それこそ当人にとって最高の一台と言えるでしょう!

 

MacBook Proが自分にとって、その一台になることを願いつつ…

今回はこの辺で失礼致します!

みなさんも、快適なMacBookライフをお送りください☆彡