島んちゅおさるの"てげてげ"日記

奄美大島在住の島んちゅ「おさる」が、てげてげ(島の方言で「適当な人」を指して用いる言葉)に島での暮らしや大好きなガジェットネタを綴ります!

奄美で夢の「ノマド」生活を考える

うもりんしょーれ!(島の方言で:いらっしゃい!)

 奄美在住ブロガーのおさるです。

 

最近よく「ノマドワーカー」という言葉を耳にします。 

自宅やカフェなどで、パソコンを使ってお仕事をしている方たちって、なんだか憧れますよね(*´▽`*)

 

そこで今回は、奄美へのⅠターンを果たした私が「奄美で送る雇われない生き方」について語っていきたいと思います。

 

奄美ノマドは最強だと思う

とても多くの魅力が詰まった島、奄美ですが、不満な点がないわけではありません。

その一つが、何といっても時給の安さです。

 

一年前くらいに最低賃金が上がり 少しはましになったようですが、それでも時給700円が良いところです。

 

驚くほど安くないですか?

 

もちろん、それで物価もそこそこ安いというなら話は分かります。

しかし… 奄美は物価が高いのです!!

 

離島ですから輸送コストがかかるのでしょう。

しかし、それにしても高い…

 

奄美の北部や中部は、その中でも安い部類に入りますが、南部の方はかなり高いです。

越してくる前から覚悟はしてましたが…

 

なんじゃこりゃー!

 

と、言いたい気持ちがないわけではありません。

 

時給は安いのに物価は高いとは…

その分、野菜や果物は知り合いを通してもらったりできるので、まぁ何とかやってはいけるのですが。

 

そこで思うわけです。

わざわざ時給が安いところで汗水流して働くよりも、悠々自適にノマドワーカーとして働いたほうが効率が良いのではないか?と。

 

奄美で仕事をしようと思えば、奄美の基準でしかお給料はもらえません。

しかし、ネット環境を使ってする仕事であれば、地方地方における給料の概念は関係なくなります。

 

体力的にきつい仕事を 安い時給でするよりは、収入は低くても 誰にも雇われずに働いたほうが良いと思われませんか?

 

そういった仕事をしながら 物価の高い都会にすんでおられる方がいることを思えば、ここ奄美でも十分やっていけるのではないかとも思います。

 

むしろ都会ではなく、この大自然に囲まれた奄美の地で、悠々自適に働いていけたら最強じゃん!! と思わずにはいられません。

 

私の現状

そうは言っても、働き方を変えるというのはなかなか勇気のいることですよね。

雇われの身であれば、かならず給料はもらえますが、自分で仕事をするとなるとそうはいきません。

 

自己管理がしっかりできないと、なかなか難しいだろうなということは容易に想像がつきます。

 

そんな私の現状はと言いますと…

自称:「ノマドワーカー」としておきましょう…www

 

「準ノマド」という言葉が示す通り、今現在は100%雇われない生活ではありません。

週に2日ほどだけ、雇われの身として働いております。

 

2日だけって…ww

「ほとんど働いてないじゃん!」 Σ(゚Д゚) と突っ込まれそうですね。

 

まぁ現状でもそうなのですが、自分としてはその2日も減らして、100%ノマドワーカーになることを夢見ているのです。

 

自分は何か特別な技術を持っているわけではありません。

ブログは趣味でやっている程度ですし、専門的な資格もありません。

 

しかし、自分にとってはそれが良いのかもしれません。

一つのことのスペシャリストを目指すよりも、色々なジャンルに手を出して、オールマイティー型のノマドになる方が、自分の性にあっている気がします。

 

これまでも、収入源となるものにはとにかく手をつけてきました。

その幾つかを組み合わせて、現在も「準」ノマドとしての生活を送ることができています。

 

その具体的な方法に関しては、また今度お知らせしたいと思います。

 

まとめ

憧れのワークスタイル、ノマド

 

ここ奄美でそれができたら、それほど素晴らしことはないと感じます。

 

現在ノマド生活を送っておられる皆さんも、奄美に移住してこられませんか?w(勧誘)

成田や関西からバニラエアも出ているので必要な時にはすぐに帰れますし、仕事環境は最高ですよ!

バニラエアで奄美へ行こう! - 島んちゅおさるの"てげてげ"日記

 

それでは私も、100%ノマドを目指して引き続き精進していきたいと思います。

 

以上、奄美の地よりお届けしました!