島んちゅおさるの"てげてげ"日記

奄美大島在住の島んちゅ「おさる」が、てげてげ(島の方言で「適当な人」を指して用いる言葉)に島での暮らしや大好きなガジェットネタを綴ります!

iPad Pro 10.5インチ:裸族に朗報!待望のwraplus スキンシールがついに発売開始!

うがみんしょうらん!

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

Appleの2017年 WWDCにて発表されたiPad Pro 10.5インチモデル。

その後爆発的な人気を博し、至る所で「iPad Pro 10.5インチ買いました!」という報告が相次いでいます。

 

ところで、皆さんはiPad Proにカバーを付けるタイプですか?

それとも、いわゆる何も付けない「裸族」でしょうか?

 

iPad Proは高価な買い物ですから、「しっかり保護したい」と誰もが願うことでしょう。

この目的を達成するために、多くの人はiPad Proにカバーを装着します。

しかし、iPad Proを保護する面では大きなメリットがあるものの、カバーの重量が加わりiPad Proが重くなってしまうというデメリットもあります。

「せっかく軽量に設計されたiPad Proを重くしたくない」という理由や、「せっかくの格好良いデザインを無駄にしたくない」という思いから、何も付けないことにする人も少なくありません。

 

そんな裸族の人たちに朗報です!!

これまで、数々のApple製品用スキンシールを手がけてきた「wraplus」から、iPad Pro 10.5インチ向けのスキンシールが発売されました!!

この時を待ち焦がれていた人は少なくないはず!

待望の「wraplus社製 iPad Pro 10.5インチ用スキンシール」が販売開始されましたので、ここにお知らせ致します!

 

そもそも「スキンシール」って何?

そもそもスキンシールって何?」と思われる方のために説明させていただきます。

すでにご存知の方は飛ばしていただければと思います。

 

百聞は一見にしかず…ということで、実際に写真をお見せしたいと思います。

 

f:id:AkMk:20170620190146p:plain

 

iPad Pro 10.5インチに、色のついたシールが貼り付けてあることが分かるかと思います。

これが「スキンシール」です。

 

では、スキンシールを貼り付けることに何かメリットがあるのでしょうか?

幾つかのメリットをあげることができます。

 

①見た目が格好良くなる

スキンシールを貼る人の主な理由はここにある、と言っても過言ではないでしょう。

iPad Pro本来のスタイリッシュさを失うことなく、自分好みのカラーを加えることができるのがスキンシールの特徴です。

カバーを付けた時の厚ぼったさとは無縁のまま、自分好みにカスタマイズできますので「愛せるiPad Pro」が完成すること間違いなしです!

 

iPad Proに傷がつくのを防ぐことができる

iPad Proを裸で使用することのメリットの一つは、iPad Proの軽さを十分に活かせるという点です。

しかしそこで気になるのは、持ち運びの際などにiPad Pro本体に傷がついてしまうことでしょう。

スキンシールを貼れば、この不安を解消することができます!

 

iPad Proの本体裏面・ベゼル部分にスキンシールを貼り、ガラスフィルムでディスプレイを保護すれば、スリーブケースなど使用することなくiPad Proを保護することができます!

そのままカバンの中に放り込んで、使いたい時にサッと出してすぐに使えるというのは非常に嬉しいポイントではないでしょうか。

いちいちケースから取り出したり、カバーを開けてカバー部分を後ろに回して…といった煩わしい作業をすることなく、スマートにiPad Proを使用開始できるのです。

 

スキンシールを貼ればiPad Proがより格好良くなり、傷がつくことへのリスクマネジメントをしつつスマートに使用できるというメリットがあります。

 

Amazonこち

 Beyeah For Apple iPad Pro 10.5 フィルム ガラスフィルム 強化ガラスフィルム 日本製素材旭硝子製 0.25mm超薄 99%の透過性 耐指紋 硬度9H 2.5Dラウンドエッジ加工 Glass ipad pro 2017

 

楽天市場こち

 iPad Pro 10.5 2017 ガラスフィルム ipad pro 10.5 フィルム 国産素材 iPad Pro 10.5 保護フィルム 傷に強い 画面保護 0.3mm 硬度 9H 強化ガラスフィルム ipad pro 10.5 保護シート iPad Pro 10.5 ガラス iPad Pro 10.5 クリア 気泡ゼロメール便発送[M便 1/1]

 

なんで「wraplus」社製なの?

では、なぜwraplus社製のスキンシールをお勧めするのでしょうか?

…始めに断わっておきますが、私はwraplus社の使い回しではありませんw

利害の絡まない、全くの個人的な見解を述べているに過ぎませんのでご安心ください。

 

私がwraplusのスキンシールをお勧めする主な理由は、wraplusが「日本のメーカー」であるという点です。

もっと安価なスキンシールは探せば幾らでもありますが、その大半は海外メーカーのものです。

やはりこうした分野においては、日本のメーカーの方が安心感があります。

単に安心感があるというだけでなく、商品自体に「さすが日本製!」と思わせてくれる匠の技が施されています。

 

海外メーカーのものを試したことはありませんが、恐らく海外メーカーとwraplusとの決定的な違いは「粘着面」にあるのではないかと思います。

一般的に「シール」といえば、「くっつけば良い」と考えるのが普通でしょう。

しかし日本人はさらにその先にまで気を使い、こだわり抜く人種です。

そう、wraplusのシールは「剥がす時のこと」まで考えて作られているのです!

 

wraplus公式サイトからの引用文です。

本製品は、製造〜出荷までを日本国内で一貫して行うことで、高品質なジャストフィット構造を実現しました。

素材は、世界最高水準の品質を誇る「住友3M社製 ダイノックフィルム」を採用。圧着するまでは何度も貼り直しができ、剥がす際には粘着糊が残りません。

この技術、すごくないですか!

正真正銘の日本メーカー、日本製造による驚愕の技術です。

単にサイズがピッタリ…というレベルでは満足していません。

強力な粘着力を誇りながら、剥がす時には糊が残らないんです!!

 

この技術の高さ・細やかな気遣いに感動した私は「スキンシール=wraplus一択!」となったわけなのです。

 

注意点

ここまで、wraplusのスキンシールをべた褒めしてきたわけですが、一つ注意点があります。

 

wraplus製かどうかに関わらず、スキンシール全般に言えることなのですが…

スキンシールはiPad Proを傷からは保護してくれるものの、衝撃に対する耐性はありません。

もしiPad Proを落下させてしまった時には、衝撃が直にiPad Proに伝わることになりますので注意してください。

 

「屋外では滅多に使わない」という方や「自分は絶対に落とさない!」という方には問題ありませんが、これまで何度かiPadを落下させてきた経験の持ち主は注意した方が良いかもしれません。

 

「それでもスキンシールが使いたい!」という方は、バンカーリングiPad Proに装着するなどして工夫することをお勧めします。

小さいリング一つを付け足すだけで驚くほど持ち心地が安定しますので、落下させることが心配な方は一度お試しください。

 

Amazonこち

 BUNKER RING Essentials(Matt 6 Color) バンカーリング iPhone/iPad/iPod/Galaxy/Xperia/スマートフォン・タブレットPCを指1本で保持・落下防止・スタンド機能(シルバー )

 

楽天市場こち

 バンカーリング(正規輸入代理店:1年間保証)【新全8色】バンカーリング Essentials スマホリング iPhoneリング スマホスタンド ポケモンGO用 iPhone7/7Plus/iPhone6/iPad mini/GALAXY/各種スマートフォン・落下防止・ホルダー・リング!

 

まとめ

iPad Proを自分好みにカスタマイズする点で、あるいは傷から保護する点で、スキンシールは絶大な効果をもたらしてくれます。

 

これまではケースを装着していたあなたも、全くの裸族で何も付けていなかったあなたも、スキンシールでお洒落にドレスアップさせてみるのはいかがですか?

 

匠の技が光る、wraplus社製スキンシールをぜひお試しください!

きっと後悔はしないと思いますよ!

 

それでは、快適なiPad Proライフをお送りください!

 

P.S. ちなみにwraplusのスキンシールは全部で31種類のカラーバリエーションがあります。

ご自分にとって最適の一枚を見つけてみてください!

 

Amazonこち

 wraplus for iPad Pro 10.5インチ 【シルバーカーボン】 スキンシール 前面 背面 カバー フィルム

「iPad Pro 12.9インチ」おすすめカバー厳選TOP3!

うがみんしょうらん!

初代iPad Pro 12.9インチを愛用している、奄美在住ブロガーのおさるです!

 

6月のWWDCにて、進化したiPad Pro 12.9インチが発表されましたね!

10.5インチという新しいサイズのiPad Proに話題をさらわれている感は満載ですがw

 

 

例に漏れず、私も以前にこんな記事を書かせていただきました。

akmk.hatenablog.com

非常に多くの方にこの記事をご覧いただき、ありがたい限りでございますm(__)m

 

シリーズ化したわけではありませんが…w

今回はiPad Pro 12.9インチにスポットライトを当てて、同様のテーマで厳選カバー3選をご紹介したいと思います! 

  

超絶おすすめカバー!米軍MIL規格取得:Palmo iPad Pro12.9インチ用カバー

f:id:AkMk:20170619143646p:plain

 

いきなり本命カバーの登場です!!(カバーと言うかバンパーですが…)

先ほどのスマートカバーのような重さに悩まされることなく、さらにiPad Proをしっかりと保護してくれる優れもののカバーです。

 

その保護性たるや、米軍のMIL規格を取得しているほどです!

つまり、耐衝撃性に関するアメリカ国防総省の基準を満たしているということですね。

驚きの耐衝撃性能です!

一体どれほどの衝撃に耐えられるのでしょうか…?

誰か勇気のある人に実験していただきたいものですww

 

また、一般的には「耐衝撃」などといった頑丈な商品はその分ゴツい外観で、重量も重くなりがちです。

ところがこの商品の驚くべきところは「ゴツさ・重さ」とは全く無縁の路線を走っていることでしょう。

 

なんと重量は驚きの72g!(iPad Pro 9.7インチモデル用)

iPad Pro 12.9インチモデルはもう少し重くなるでしょうが(まだ公表されていない)、それにしても軽い!

米軍の調達基準を満たす保護性能を実現しながら、およそ100g前後で装着できるなんて異次元のカバーではないでしょうか?

これまでの常識を覆すような画期的な商品であることは間違いありません。

 

また、実用性だけでなくデザインも素晴らしいものとなっています。

iPad Proの外観を損なうことなく、堅牢性と軽さを追求したシンプルなデザインです。

このカバーを付けていたら、人目をひくこと間違いなしですね。

 

 

できる限り軽く・頑丈なカバーを探している人にとって、この商品は一目惚れするのに十分の要素が凝縮されているのですが、残念なことにかなりの人気商品のため現在は品薄状態が続いているようです。

Amazonでチェックしてみますと、iPad Pro12.9インチ用はずっと「予約」状態となっています。

少量ずつ生産して販売しているようなので、購入希望の方はお早めに予約をしたほうが良さそうです。

 

カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2種類がありますので、ご自分のiPad Proのカラーに合わせて選択することができます。

 

とにかく軽く・頑丈で・斬新!!

と三拍子揃ったPalmoのiPad Pro 12.9インチ用バンパーカバー、超絶おすすめです!!

 

Amazonこちら 

 【Palmo】iPad Pro 12.9 Black(パルモ アイパッドプロ 黒)グッドデザイン2015受賞 米軍MIL規格取得 落下防止 耐衝撃 吸収iPad Pro 12.9 専用保護ケース,カバー 超軽量 高品質シリコン,アンチダスト加工 片手 大学,病院と健康実験認定済

 

楽天市場こち

 Palmo for iPad Air Air2 Pro9.7 Pro12.9 パルモ グッドデザイン2015受賞 落下防止 耐衝撃 吸収 iPad専用保護ケース カバー 超軽量 高品質シリコン アンチダスト加工 片手 大学 病院と健康実験認定済

 

軽さと薄さを追求するなら:wraplus社製スキンシール!

f:id:AkMk:20170619150722p:plain

 

次にご紹介するのは、iPad Pro 12.9インチを「とにかく軽く・少しでも薄く」という点にこだわる方にピッタリの商品です。

 

それは、wraplus社製のスキンシールです!!

もはやカバーではありませんが…w

 

カバーでないとは言えこのスキンシール「iPad Proに傷がつかないよう保護する」という点では力を発揮します。

軽さと薄さを追求すれば、究極的には「iPad Proには何も付けない!」という結論に至ることでしょう。

しかし、それではカバンの中に入れて運ぶ時などに傷がつく心配があります。

その傷を、格好良く防いでくれるのがスキンシールなのです!

 

単に傷を防ぐだけでなく、自分のiPad Proを自分好みのカラーに染め上げることまでできます。

wraplusには全31種類ものカラーバリエーションがありますので、自分の好みの一枚が見つかるに違いありません。

それでいて重量は裸の時と全く変わらず、薄さも損なわれないなんて最高ではないでしょうか!

 

しかし注意点としては、先ほどのPalmoのカバーのような衝撃に対する耐性は全くないという点です。

もし地面に落とした場合には、iPad Proに直に衝撃が走ることになりますので十分注意を払わなければなりません。

 

「屋外ではあまり使わない」という方や「自分は絶対に落とさない」という方にとっては、スキンシール以上に魅力的なものはないかもしれません。

ただでさえ重量のあるiPad Pro 12.9インチを、いろいろな意味で「軽く」保護できるスキンシールもおすすめです!

 

Amazonこちら 

 wraplus for iPad Pro 12.9インチ 2015 ~ 2016年モデル 【シルバーブラッシュメタル】 スキンシール

 

iPad Pro 12.9インチに全てを詰め込みたい人はコレ!Fyy 高級PUレザーケース

ここまでは、iPad Pro 12.9インチをできるだけ軽く運用するためのカバーをご紹介してきました。

次にご紹介するのは、iPad Pro 12.9インチの重さを逆手にとって「全てをこれに詰め込んでしまおう!」という商品です。

 

フラッと買い物に行きたい時など、できる限り身軽に出かけたいことって結構ありますよね。

そんな時、結局あれこれと荷物が多くなってしまうことってありませんか?

 

そんな荷物を一まとめにしてしまおう!というカバーがこちら…

f:id:AkMk:20170619155830p:plain

 

Fyy 高級PUレザーケースです!

このケース、iPad Pro 12.9インチ本体の収納スペースに加え、かなりの収納ポケットがついているんです。

・カード類の収納ポケット×3

・紙幣などが入る大きな収納スペース×1

・コイン収納スペース×2

といった具合です。

 

フラッと買い物に行く時など、このケース自体を簡易的なカバン代わりにすれば、あっという間におでかけセットの完成です!

今の時代たいていはカードさえあればどこでも買い物ができるので、これだけで十分足りてしまうんですよね。

出先で急にスケジュールを確認する必要が生じても、さっとiPad Pro 12.9インチで予定を確認することまでできてしまう便利さ!

 

iPad Pro 12.9インチの重さを、あえて増やして一つにしちゃえ!という発想の転換も面白いですね♪

 

ちなみにこちらのケースの実際の使用感は過去記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。

akmk.hatenablog.com

 

個人的にも、非常に気に入っているケースの一つです!

値段も安いですので、お試しになりたい方はこちらから!

 

Amazonこち

 ipad pro 12.9 ケース ipad pro ケース,Fyy® 高級PUレザーケース カバー 超軽量 全面保護型 マグネット開閉式 スタンド機能付き オートスリープ機能対応 カードスロット&手持ち&タッチペンホルダー

 

楽天市場こち

 FYY iPad pro 12.9 高級PUレザーケース 超軽量 マグネット開閉 スタンド機能 オートスリープ対応 カード収納 A-ブラック

 

(再:番外編)左利き用カバー!

最後に、番外編をお送りしますw

 

ここでご紹介するのは、世にも珍しい左利き用のiPad Pro 12.9インチ用カバーです!

こういう商品って、今までありそうでなかなかありませんでしたよね。

 

以前、私にとって大切だった人の中に左利きの人がいまして…

って、なんだか切ない話になってしまいそうですねww

 

ふと、過去を思い出させてくれる商品に出会ったのでおまけとして取り上げておきます。

このカバーを使えば右手でカバーを開き、左手でiPad Proの操作をすることができます。

左利きの人にとっては嬉しい商品ではないでしょうか?

 

しかもポケットもたくさんついているww

もし左利きの方がこの記事をご覧になっていましたら、先ほどのFyyのケースではなくこちらのケースの方が幸せになれるかもしれません。

 

しかし完全な受注生産のようですので、頼んでから到着までには少し時間がかかってしまうようです。

その点さえ考慮に入れておけば、個人用としてだけでなく、左利きの家族や友人に向けたプレゼントにも最適な一品です!!

 

Amazonこち

 左利き用 【 ラブリー 】 APPLE アップル iPad Pro 12.9インチ 専用手帳型カバー ケース PU レザー 横開き デニム フラップ下向き

 

他商品ですが…楽天市場こち

 ipad 2017 ケース 全機種対応 tablet ケース タブレット iPad mini 4 ケース iPad Pro iPad air 2 iPad 3 新しいiPad ケース 本革 タブレット スリム ケース カバー 手帳型 栃木レザー セミオーダー 名入れ カバー レザー おしゃれ 高級 プレゼント 8 10 10.1 8.0インチ

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

iPad Pro 12.9インチ:おすすめカバー厳選3選!」としてお届けしましたが、気がつけば「4選」になってしまいました…wwww

 

最後のは番外編ですので、広い心で読み飛ばして頂ければ幸いですw

 

気になるカバーと巡りあうことはできましたでしょうか?

自分の気に入るカバーを探すことも、iPad Proを購入した後の楽しみの一つ。

 

皆さんが気にいることのできるカバーと巡り会い、快適なiPad Proライフを送られますように!☆

「MacBook Pro 13インチ 2017年モデルは買うべきか!?」CPUはバージョンアップしたが価格は…

f:id:AkMk:20170617195619p:plain

 

うがみんしょうらん!

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

2016年に新たな姿へと生まれ変わったMacBook Pro

充電コネクターからMagSafeが廃止されたり、拡張性がUSB-Cポートだけになったりと、いろいろな議論が湧き起こりました。

 

そんなMacBook Proの登場から早8ヵ月弱。

今回行なわれたAppleWWDC にて、早くもMacBook Proのパワーアップが発表されました。

 

今回のWWDCを経て、果たして「今がMacBook Proの買い時なのか!?」を検証したいと思います。

 

CPUが第7世代に

f:id:AkMk:20170617195705p:plain

 

2016年に発表されたMacBook Proには、第6世代CoreプロセッサーSkylake)が搭載されていました。

そして今回、WWDCにおけるリニューアルにより2017年モデルのMacBook Proには、第7世代CoreプロセッサーKaby Lake)が搭載されることになりました!

 

MacBook Pro 2016年モデルの発表からあまり月日が経っていないゆえに、今回のWWDCにおいては小幅な変更しか加えられないのかと思っていましたが、CPUをしっかりとパワーアップさせてきました。

 

MacBook Pro 2016年モデルを購入された方にとっては、一年足らずで自分のMacBook Proが型落ちになってしまうことになり、 少々リニューアルするのが早すぎるという印象を受けなくもないですが…

まぁ、こうした類のものはいずれは必ず最新のものが出るものですので、それを追求していたら仕方ないですものね。

「買いたい時が買い時である」とはよく言ったもので、MacBook Pro 2016年モデルを購入された方も決して後悔する必要はありませんよ!

 

では具体的に、Skylake世代からKaby Lake世代へと進化したことで何が変わったのでしょうか?

おおまかに言うと…

 

・消費電力の省エネ化

・クロック数の上昇

 

この2点をあげることができます。

 

しかし、逆に言えばこの2点だけです。

それも、そこまで飛躍的に数値が伸びているわけではありません。

 

その証拠に、Apple公式ホームページによるとMacBook Pro 2017年モデルのバッテリー持続時間は「10時間」となっています。

これは前モデルのバッテリー持続時間と変わりません。

CPUが進化してより一層の低消費電力化を実現しているとは言え、実用レベルでバッテリーの持ちに何時間も影響を及ぼすほどではないことが分かります。

 

では、性能面での違いはどうでしょうか?

今現在分かる範囲で、Kaby Lake世代に関する情報を集めてみました。

 

結果、GPUがCPUに内蔵されているMacBook Pro 13インチに関しては、グラフィックス面での性能の向上はほんの数%にとどまるということが分かりました。

 

一方でCPUの性能に関しては10%程度の向上が見込めるようであり、これは魅力となり得る点かもしれません。

しかしSkylakeを搭載したMacBook Proでも十分快適であり、よほど高負荷のかかる作業を毎日のように行なう方でない限り、性能の向上をハッキリと肌で感じることはないでしょう。

MacBook Proの性能を毎日フルまで使い切る!」というクリエイティブな用途で使用する方にとっては、嬉しいリニューアルとなるかもしれません。

 

価格は手が出しにくい領域へ…

WWDC以降「MacBook Pro 13インチは値下げへ!」なんて報道を目にしましたが、個人的な感想としては全くの逆です…

 

確かに、MacBook Pro 13インチに手の出しやすい価格のモデルが追加されたのは事実です。

しかし、そこには「ストレージが256GBから128GBへと減らされて…」という前置きがきます。

ストレージの容量が違うモデルで、単純な値段の比較はできないはずです。

そして同じストレージの256GBのモデルで比較してみると、明らかに値段は高くなっていることが分かります。

 

2016年モデル(タッチバーなし)

256GB 148,800円

 

2017年モデル(タッチバーなし)

128GB 142,800円

256GB 164,800円

 

…どう見ても、高くなっていませんか?!(◎_◎;)

 

13インチモデル(タッチバーなし)は、CPUだけでなくメモリーの性能も向上しています。

…「向上」と言いますか、タッチバー付きのモデルと同等のメモリーが積まれることになりました。

その事実を踏まえても、約2万円の値上がりは大きすぎます!!

 

それにいくら手が出しやすい価格のモデルとは言え、128GBのストレージではほとんどの人にとって容量不足であることは明白です!

「Pro」という名を冠する以上、それなりの用途に耐え得る仕様で、なおかつ値段を据え置いて欲しかったですね。

 

事実上の値上げが施されたMacBook Proシリーズ。

手が出しやすいとは言い難い領域へ行ってしまった感は拭えませんね…

 

まとめ

ここまで、リニューアルされたMacBook Proの特徴を振り返ることができました。

 

総合的に見て、MacBook Pro 2017年モデルは買いなのか?

結論! ドゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル ジャン!!

 

 

しばらく様子を見よう!!

 

 

最新のCPUが搭載されたり、その他細々とした向上が見られることは事実です。

しかし、値上げされた分ほどの向上が見られるかといえば疑問符が残ります。

 

これまでも「MacBook Pro=高い」というイメージがありましたが、今回の価格改定によりこの図式がいっそう色濃くなってしまったように思います。

 

「仕事で毎日クリエイティブな作業をするので、少しでも高スペックのMacBook Proが欲しい!」という方は、背に腹はかえられませんので購入しましょう。

 

しかし、現在MacBook Pro 2016年モデルを使用しておられる個人ユーザーは、わざわざ買い替える必要はないでしょう。

もうしばらく様子を見た上で判断することが最適かと思います。

 

MacBook Proが欲しいけどWWDCまで待っていた」というユーザーにとっては、値上げという悲しい結果になってしまいました。

しかし、素直に値上げされたMacBook Proを購入する必要はありません。

この状況を逆手にとって、型落ちとなった2016年モデルを量販店で購入するという方法があります。

また急ぎでないのであれば、Appleの整備済品が出回るのを待って2016年モデルを狙うという方法もあります。

 

もちろん、今回のMacBook Proが「悪い商品」というわけではありませんで、すでに購入された方は安心して最新のMacBook Proライフを満喫されてください!

 

この記事がMacBook Proを購入するかどうか迷っている、あなたのお役に立てたなら幸いです。

 

 

Amazonで値段を確認したい人はこちらをクリック!

iPad Pro 10.5インチ:おすすめカバー厳選3選!

うがみんしょうらん!

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

先日発表され、すでに爆発的な人気を博しているiPad Pro 10.5インチモデル。

実際に購入された方の手元にも、続々とNEW iPad Pro 10.5インチが届けられているようです。

 

前回は「iPad Pro 10.5インチモデルは買いなのか!?」と題して、9.7インチモデルとの比較などをお届けしました。

 

akmk.hatenablog.com

 

今回は、新しいiPad Pro 10.5インチモデルを購入された方とご一緒に、おすすめのカバーを探していけたらと思います!

 

カバーの王道:Apple純正スマートキーボード

f:id:AkMk:20170616213115p:plain

 

10.5インチモデルに限らずiPad Pro用カバーの王道といえば、何と言ってもApple純正スマートキーボードでしょう。

iPad Proの各モデルだけに装着することが許された、Apple信者向け商品ですw

 

キーボードとカバーが一体化したデザインで、文字通りキーボードをスマートに持ち運ぶことができます。

iPad Pro 10.5インチとスマートキーボードを合わせた状態でも、ほとんどかさばることがない驚きの設計です。

 

またスマートコネクターを接続させるだけで、すぐに入力を開始できる状態になることも魅力的です。

Bluetoothキーボードのように、一回一回ペアリングをし直す必要がありませんので「サッと出してサッと使う」という実際の使用場面においてもスマートさを発揮します。

 

バッテリーもスマートコネクターを界してiPad Pro本体から供給されますので、電池切れの心配もありません。

いざという時に「バッテリーがない!」と焦る心配がないのは嬉しいですね。

 

またこれまではUS配列のキーボードのみ販売されていましたが、iPad Pro 10.5インチモデルの登場に合わせてJIS配列のキーボードも選択可能となりました。

これまではEnterキーが小さく押しにくいと感じていた方にとって、JIS配列の登場は嬉しいポイントかもしれません。

 

しかし、問題点としてはキーボードがシリコン製であるゆえに、打鍵感が少々独特なことです。

「全く違和感なし!」と感じる方もいれば、「打ちにくくて仕方ない!」と感じる方もおられるほど人によって好みが分かれる打鍵感のようです。

もし可能なら一度打鍵感を確かめた上で購入された方が、後悔はないでしょう。

 

加えて、「価格の高さ」もデメリットの一つです。

これはApple製品全般に言えることかもしれませんが…w

iPad Pro 10.5インチモデルのスマートキーボードは、税別で17,800円もします。

 

手軽につけられるカバーという部類ではありませんので、「iPad Proのアクセサリー類もAppleの純正品で揃えたい!」というApple信者の方や、キーボードの使用をメインで考慮しておられる方におすすめのカバーです。

 

AppleStoreのリンクはこちら↓

www.apple.com

 

超軽量カバーを実現するコンビネーション

次にご紹介するのは、iPad Pro 10.5インチに「とにかく軽量なケースが付けたい」という方におすすめのコンビネーションです。

 

それは…

ガラスフィルム+背面カバー+バンカーリング

という組み合わせです!

 

この組み合わせは軽量なだけでなく、価格も安く抑えることができるのでおすすめです!

 

まず、ガラスフィルムをディスプレイに貼ることで、持ち運び時にディスプレイに傷がつくことを防ぎます。

ガラスフィルムをおすすめする理由は「視認性が損なわれない」からです。

iPad Pro 10.5インチの美しいRetinaディスプレイを堪能しつつ、画面を保護することができます。

 

 Amazonこち

 Beyeah For Apple iPad Pro 10.5 フィルム ガラスフィルム 強化ガラスフィルム 日本製素材旭硝子製 0.25mm超薄 99%の透過性 耐指紋 硬度9H 2.5Dラウンドエッジ加工 Glass ipad pro 2017

 

楽天市場こち 

 10.5インチ iPad Pro ガラスフィルム 国産ガラス採用 液晶保護フィルム 厚さ0.33mm 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 glass 衝撃 保護 film Apple アップル on-device

 

次に、背面カバーを装着します。

大抵、背面カバーはかなり安く売られているゆえに、その機能性に疑問を抱く方もおられるかもしれません。

しかし、これが意外と丈夫で頑丈です!

これまで数々のカバーを使用してきましたが、個人的にはこのシンプルな作りのものが一番最強だと感じています。

 

過去にiPad Pro 12.9インチを1メートルほどの高さからコンクリートの地面へと落下させてしまったことがあります。

さらに最悪なことに、角から着地させてしまいました…

さすがに画面にヒビが入ったと覚悟しましたが、なんと驚きの無傷!

背面カバーの角は粉々に粉砕されましたが、カバーが衝撃を吸収してくれたようで本体は全く無事でした。

iPad Pro 12.9インチの重量ですから、相当な衝撃が加わったことは想像に難くありません…

背面カバーの素晴らしさ、機能性を実感した瞬間でしたね。

 

背面カバーの値段が安いのは

・カバーの面積が少ない(単純に折りたたみ式カバーの半分)

・素材に安価なものを使用している

という理由によるのであって、機能性や保護する力が劣っているわけではないことが分かります。

それでいて軽量なわけですから、最高ですね!

 

Amazonこち

 AVIDET 新型 アップル iPad Pro 10.5 ケース 衝撃吸収バンパー アンチスクラッチ ソフト TPU 耐スクラッチ全面保護 ソフト ケース (クリア)

 

楽天市場こち

 iPad Pro 10.5/ipad 2017 ケースiPad 9.7 2017モデル クリアケース 9.7インチ新型ipad ケース カバー ipad 9.7 カバー アップル アイパッド 9.7インチ ケース TPU製透明カバー 背面カバー ソフトカバー

 

そして、私のようにiPad Proを落下させるという恐ろしくアホなことを防ぐためw、ここにもう一つアイテムを加えます。

それが「バンカーリング」です。

最近は使用する人が増えてきましたので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

iPadの背面に指をかける輪っかを装着することで、手で持ち上げた際の安定感を増し加えてくれるアイテムです。

「こんなもので本当に持ち心地が変わるの?」と不信に思われるかもしれませんが、これが驚くほどの効果があります!

指一本を入れるスペースができただけで、抜群に安定感が増します。

これならiPad Proを持ち上げて使用する際にも、落下させるリスクを減らすことができるに違いありません!

 

さらにバンカーリングのメリットは、それだけではないのです。

背面カバーだけを使用する際「スタンド機能がないと不便」と思われる方は少なくないと思います。

そんな時、バンカーリングを装着すれば… あら不思議。

バンカーリングがスタンドの機能を果たし、簡単にiPadを立てかけて使用できるようになります。

 

少々見た目が格好悪くなるというデメリットはありますが、バンカーリングはそれを補って余りある機能性をiPad Pro 10.5インチにもたらしてくれるのです!

 

Amazonこち

 BUNKER RING Essentials(Matt 6 Color) バンカーリング iPhone/iPad/iPod/Galaxy/Xperia/スマートフォン・タブレットPCを指1本で保持・落下防止・スタンド機能(シルバー )

 

楽天市場こち

 【ポイント5倍】 スマホリング バンカーリング GOOSPERY マーキュリーリング iPhone7 バンカーリング スマートリング ホールドリング 落下防止 スマホスタンド リングホルダー スマホリング タブレットホルダー 指輪型 iPhone Android GALAXY XPERIA ipad タブレット

 

この3つのアイテムの組み合わせが、個人的には最強です!

それぞれの弱点をそれぞれの長所が補い合い、必要十分の機能を保ちつつも軽量化を実現していることを考えると素晴らしいと思います。

これらのアイテムをまとめて、こう呼ぶことにしましょう。

iPad Pro 10.5インチ用「3種の神器」と!

 

ちなみにバンカーリングを装着してみたいものの、見た目が気になるという方にはこちらの思い切った商品もおすすめ!

おちゃめな出で立ちが遊び心をくすぐります!

 

Amazonこち

 VIVA! HERO(ビバヒーロー) ブラック 片手で安心操作。落下防止、スタンド機能、三脚機能まで備えたマルチアクセサリー

 

楽天市場こち

 【メール便 送料無料】VIVA!HERO ビバヒーロースマホ 補助スタンドアクセサリーiphone7 plus ケース/iPhone6 plus/ iPhone6 ケース にも対応!バンカーリング が合わない方に! iphone6ケース 卓上スタンド にもiPhone6/アーニーバーニー/【RCP】

 

シンプルイズベスト!カバーと同時にお掃除も♩

「幾つものアイテムを購入するのは面倒臭い!」

「とにかく両面をカバーできればそれで良い!」

「自分は手の脂がすごいから、掃除もできるカバーが良い!」

 

そんな方におすすめなのは、至ってシンプルな三つ折りタイプのカバーです。

iPad Pro 10.5インチモデル向けの商品も続々と発売されています。

 

一つのアイテムを購入すれば済みますし、見た目もシンプルなのですっきりと使用したい人におすすめです。

また、カバーの裏面が起毛になっているタイプのものを購入すれば、カバーを閉じたり開けたりといった動作によって自動的にディスプレイを掃除することができます。

私もその部類に入りますがw 手の脂がすごい人にとって、この付加的な機能は嬉しい限りです。

 

しかし、先ほどあげた「三種の神器」コンビと比較し、重量は重くなるというデメリットがあります。

また、「自動お掃除機能w」もいつまでも続くわけではありません。

手の脂がすごければすごいほどすぐにカバー裏面が汚れてしまい、むしろ汚れを広げることになりかねません。

「自動お掃除機能w」を有効にしておくためには定期的な買い替えが必要になりますので、コスパが良いとは言い難いでしょう。

 

しかし元々のお値段が安いものが多いですので、飽きてきた頃にカラーを変えて楽しみたいという人にはもってこいかもしれません。

 

Amazonこち

 ELTD ipad pro 10.5 ケース, ipad pro 10.5 TPUケース マグネット 熱処理カバー ソフト透明ケース  case for ipad pro 10.5 開閉式 超薄型 最軽量 全面保護型 (紺碧)

 

楽天市場こち

 iPad Pro 10.5 ケースカバーiPad Pro 12.9 2017ケース カバー 超薄型 超軽量 自動スリープ スタンド機能 新型iPad Pro2(10.5インチ)ATiC iPad Pro 12.9カバー 開閉式 三つ折り 薄型 オートスリープ機能付き 背面クリア

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「iPad Pro 10.5インチ:おすすめカバー厳選3選!」をご紹介しました。

 

文字入力がメインでキーボードをiPad Proと一緒に持ち歩きたい方や、アクセサリー類もAppleの純正品で揃えたいというApple信者の方はスマートキーボード一択でしょう。

 

とにかく軽さを追求したい方、他の人との違いを出したい方は2番目にご紹介した「iPad Pro 10.5インチ用3種の神器」が断然おすすめです!

 

冒険するより無難にいきたい方、手の脂がすごい方w、カラーバリエーションを変えて楽しみたい方には三つ折りタイプのシンプルなカバーをおすすめします!

 

豊富なバリエーションの中からお気に入りのカバーを見つけるというのも、iPadを購入した後の楽しみの一つ。

 

皆さんもお気に入りのカバーを見つけ出し、快適なiPad Proライフをお送りください!

「iPad Pro 10.5インチは買いか!?」9.7インチとの比較から魅力を探ってみる

f:id:AkMk:20170612211500p:plain

 

うがみんしょうらん!

初代iPad Pro 12.9インチを愛用している、奄美在住ブロガーのおさるです!

 

先日、AppleWWDCにて発表されましたね〜!

これまで噂されていた、iPad Pro10.5インチ!

 

この10.5インチのiPad Proの登場を、期待に胸を膨らませながら待っていたユーザーは少なくないのではないでしょうか。

 

では、早速大きな話題となっているiPad Pro10.5インチですが、これまでのスタンダードだった9.7インチとは何が違うのでしょうか?

どれほどの魅力が詰まっているのでしょうか?

総じて買うべきなのか否か? 

こうした点をを探っていきたいと思います。

 

iPad Pro 10.5インチ:大きさ

<ディスプレイサイズ>

言うまでもありませんが、ディスプレイサイズは従来の9.7インチから10.5インチへとサイズアップしています。

一回りほど画面が大きくなり、様々なシーンで利用しやすくなった印象があります。

 

これまで9.7インチの画面では、A4サイズの資料を閲覧する際に文字が小さくなってしまい見づらくなるというジレンマがありました。

10.5インチのディスプレイサイズがあればこの点での改善を見込めそうです。

 

もちろん、この点で最も力を発揮するのは12.9インチのiPad Proです。

しかし12.9インチとなるとその大きさゆえに、万人受けするものではありません。

これまで「12.9インチでは大きすぎるけど、9.7インチでは小さすぎる」と感じていたユーザーにとって、待望のジャストサイズとなることは間違いないでしょう!

 

<本体サイズ>

従来の9.7インチと比べてディスプレイが20%ほど大型化しているiPad Pro 10.5インチですが、本体サイズの変化は微々たるものに抑えられています。

縦に10㎜、横に5㎜程度大きくなっただけです。

 

なぜこれほど本体サイズをコンパクトにすることができたのでしょうか?

ディスプレイ周りの余白(ベゼル)を細くすることで、本体サイズの拡大を最小限に留めたようです!

 

iPad Pro 10.5インチは、このベゼル部分の細さが絶妙です!

Appleの物作りに対する熱意が垣間見えるような気がしてなりません。

 

最近はノートパソコンなどでも、狭額縁ディスプレイモデルが次々に発売されています。

ベゼルが細いとディスプレイが一面に映えるので格好良いというメリットがあります。

また、少ない面積に大きなディスプレイを搭載することができますので、本体サイズの小型化を可能にします。

さらに、ベゼルが狭い方が作業に集中しやすいと言う人もいるようです。(個人的には気になりませんが…)

 

このようにベゼルを細くすることには技術がいるとは言え、たくさんのメリットがあることが分かります。

しかし!!それは「パソコンならば」の話です。

あるいは、手のひらに収まるスマートフォンであればそうしたデザインも受け入れられるのかもしれません。

 

これがタブレットとなると話が変わってきます。

想像してみてください。

私たちの多くはタブレットを使用する際、ディスプレイ横に親指をかけてタブレットを支えようとするのではないでしょうか?

 

 

それが、もし完全にベゼルのないデザインだとしたらどうなるでしょうか?

iPadを持っただけで、意図せぬタップが繰り返され、誤作動連発すること間違いなしです…

どんなに格好良くてもそれでは実用性に欠けてしまいます。

 

iPad Pro 10.5インチは、これまでのデザインよりベゼルが細くなっているのは明白です。

f:id:AkMk:20170612211613p:plain

 

しかし実用に耐えかねるほど冒険した細さではありません。

この辺りの絶妙さが、さすがAppleだと感じさせてくれます。

 

また、若干のサイズアップによってフルサイズキーボードを搭載できるようになったことも、Appleは大変誇らしげに説明しておりました。

10.5インチという大きさが、フルサイズのキーボードを搭載するための最低ラインだったようです。

 

私は手が小さい&指が短い なので小さいキーボードも嫌いではありませんが、手の大きい方にとっては嬉しい変更点かもしれません。

 

iPad Pro 10.5インチ:重さ

iPad Pro 10.5インチの重さは、従来のiPad Pro 9.7インチとほとんど変わりません。

 

Wi-Fiモデルが…

10.5インチ 469g

9.7インチ   437g

 

Cellularモデルが…

10.5インチ 477g

9.7インチ   444g

 

となっています。

Wi-Fi・Cellular 両モデル共に、10.5インチの方が30gほど重くなっています。

 

100gの違いは持った時にはっきりと伝わって来ますが、正直30gであれば体感でそこまでの差を感じることはないと思います。

 

ディスプレイサイズを拡大しながら、本体サイズといい、重量といいこれまでの9.7インチとほとんど変わらないサイズに仕上げてくるところはさすがですね。

 

CPU

iPad Pro 10.5インチのCPUには、新しい「A10X」チップが採用されています。

 

9.7インチiPad Proにも採用されていたこれまでの「A9X」チップと比べ、CPU性能が30%も向上しているそうです。

グラフィックス性能に関しては、40%の向上です。

 

重たいゲームなどをされる方にとっては、嬉しいパワーアップではないでしょうか。

…個人的にはゲームなどしないので、これまでの性能でパワー不足を感じたことはありません。

 

リフレッシュレート

iPad Pro 10.5インチが、驚きの進化を遂げているのがこれ!

「リフレッシュレート」です!

 

「え?なにそれ?」と思われる方もいるかもしれません。

ウィキさんによると…

リフレッシュレートrefresh rate)とは、単位時間あたりどれだけリフレッシュするかという値である。 通常ヘルツ (Hz)を単位として、1秒間にリフレッシュする回数を表す。」

とのことです。

…さらに難しくなっているような!?

 

平たく言えば、リフレッシュレートが高ければ高いほど「画面を滑らかに行き来できる」ということです。

例えばSafariを使ってYahoo!のトップページを開いているとしましょう。

一番上のページから下まで一気にスクロールした場合、リフレッシュレートが低い端末だと途中でひっかかりがでてきます。

リフレッシュレートが高い端末であれば、途中のひっかかりを感じることなく、曰ば「ヌルヌル」画面を自由に行き来できるということです。

 

iPad Pro 10.5インチは、このリフレッシュレートが、なんと!驚きの…

120Hz!!

 

「ProMotionテクノロジー」と呼ばれる機能がディスプレイに追加されたことで、この異次元のリフレッシュレートの高さが可能となったようです。

ちなみにこれまでのiPad Proは、60Hzです。

単純に倍の滑らかさを手に入れたことになります!

 

これまでのiPad Proでも「引っかかり」を感じることは皆無でしたが、それ以上にヌルヌル動くって一体…!?

使ってみなければ分かりませんが、きっと一度iPad Pro10.5インチを使ってしまったら、その他のiPadは「カクカクしている」と思えてしまうのでしょうね…

恐ろしくて触れません…www

 

ディスプレイに関する劇的な変化はこのリフレッシュレートくらいですが、その他の改善も合わさり、Apple Pencilとの連携もさらに向上しているようです。

これまでも通常の紙とペンのような滑らかな使い心地でしたが、NEW iPad Proはさらに滑らかさが向上しているようです。

 

今回のWWDCで新しいApple Pencilの発表はありませんでしたが、iPad本体をスペックアップさせることにより、実質的な使い勝手は向上しているということですね。

 

iOS11

さらに今回のWWDCでの嬉しい発表の一つが、新しいiOSの情報ではないでしょうか。

iOS11によって、iPad上でファイルを管理したり、ドラッグ&ドロップに対応したりと、より一層パソコンライクに使える仕様となっているようです。

 

これは楽しみで仕方ないのですが、iPad Pro 10.5インチでなければ使えないわけではないので、現在所有しているiPad Proで楽しみたいと思っています。

 

今秋よりスタートの予定となっていますので、またアップデートが完了次第、使い心地等をお知らせできたらと思います。

 

値段

最後に、重要な値段を見比べてみましょう。

 

iPad Pro 10.5 Wi-Fiモデル

64GB     ¥69,800

256GB   ¥80,800

512GB  ¥102,800

 

iPad Pro 9.7 Wi-Fiモデル

32GB     ¥66,800

128GB   ¥84,800

256GB  ¥102,800

 

iPad Pro 10.5インチ、や…安い!!

これまでの9.7インチの256GBモデルの値段で512GBが買えてしまうなんて!!

 

これはやばいですね。

自分には必要ないと思っていたけど、心が揺らぎますww

 

 

まとめ

今回は、iPad Pro 10.5インチの情報を幾つかの側面から見てくることができました。

 

総合的に見て、iPad Pro 10.5インチは買いなのか?

結論! ドゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル ジャン!!

 

買い!!

 

個人的にはこのiPad Pro 10.5インチ、買いです!

買えるかどうかは別問題ですが…涙

 

A4サイズの資料を快適に閲覧するため、これまでiPad Pro 12.9インチを使ってきた私ですが、やはり本体の重さがたまに傷…

もしiPad Pro 10.5インチでも快適にA4サイズの資料が閲覧できるようであれば、買い替えを検討しても良いかなと感じさせてくれる十分の仕上がり具合です。

 

しかも価格も前モデルよりも据え置かれている…

魅力のぎっしり詰まった一台が発売されてしまいましたね!

 

しばらく様子を見て情報収集をしながら、じっくり考えたいと思います。

 

私と同様、iPad Pro 10.5インチを購入するか迷っておられる方の参考になれば幸いです!

では、快適なタブレットライフを!!

 

 

追記:iPad Pro 10.5:おすすめカバー厳選3選!と題して記事を追加しました。

   こちらも合わせてご覧いただければ幸いです♩

 

akmk.hatenablog.com

 

MacBook Airがサイレントアップデート!Apple,WWDC2017

f:id:AkMk:20170608141857p:plain

 

うがみんしょうらん!

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

先日、AppleWWDCにて新しいMacBookたちが発表されましたね!

MacBook Proはよりいっそうパワフルになりながら、値段は手頃になり…

12インチMacBookにも、Core iシリーズを搭載したモデルが発表され驚きました!( ゚д゚)

ファンレスということもあり、これまではCore mシリーズが採用されていましたが、ここにきてパワーアップを果たしています。

熱対策とか大丈夫なのでしょうか?

購入する予定はありませんが、気になります( ̄∇ ̄)

 

 

そして、私が普段愛用しているMacBook Airも密かなパワーアップを果たしたようです!

f:id:AkMk:20170608142020p:plain

これまでは下位モデルのCPUは

Core i51.6GHz

が搭載されていました。

私が現在使用しているMacBook AirもこのCPUを積んでいます。

 

ところが、今回のサイレントアップデートによってCPUが

Core i51.8GHz

 

へと、進化しました!

…これを進化と呼んで良いのかどうかは疑問が残りますが…(・・;)

 

しかし、これまでの噂では「MacBook Airに変化はないだろう」と言われていました。

むしろ「今回のWWDCを機にMacBook AirAppleのラインアップから外されるのでは!?」といった憶測まで飛び交っていたほどです。

 

 

12インチMacBookの台頭によってMacBook Airの存在意義は薄れてきた感は否めませんので、そういった噂が飛び交うのも理解できます。

さらに今回のアップデートで12インチMacBookにCore iシリーズのCPUが積めるようになったのですから尚のことでしょう。

 

しかしAppleMacBook Airを残すことにしました。

しかも、“若干のスペックアップを施して”までです。

このことからすると、MacBook Airが未だに根強い人気を誇っているのであろうことは容易に察しがつきます。

コストパフォーマンスの高さはMacBookシリーズの中でも群を抜いていますし、ライトユーザーが使うには程よいスペックを兼ね備えています。

バッテリーのもちはMacBookシリーズの中でNo. 1です。

こうした理由から、私と同様今でもMacBook Airを愛用しておられる方は少なくないはずです。

低コストでMacBookを導入したいと思う人がいる限り、恐らくこれから先の需要も衰えることはないでしょう。

 

Appleがこうした背景を考慮して… かどうかは知りませんがww

MacBook Airを残すという決断を下してくれて安堵しています。

むこうしばらくは、MacBook AirAppleのラインアップから消え去る心配はしなくて済みそうです(o^^o)

 

しかも、今回のアップデートによる値段の変化はありません!

これまでと同様の価格で、これまでよりも弱冠スペックアップしたMacBook Airを購入できますので、お得感が高まりますね!

これまで「MacBook Airを購入しようと思いつつとりあえずWWDCまでは我慢していた」という人は今が買い時なのは間違い無いです。

 

以前には、メモリーが4G→8Gが標準になり、今回はCPUのアップデートがあり、MacBook Airも順当に進化してきているんだなぁ、としみじみ思います。

 

…いっそのこと今回のアップデートでMacBook AirRetinaディスプレイを搭載してくれたら、多くのユーザーは泣いて喜んだでしょうに…

しかし、それではいよいよ12インチMacBookとの凄みわけがなくなりますからね^^;

 

私のようにコストを重要視するユーザーにとって、MacBook Airはこれからも強い味方となってくれることでしょう!

MacBook Airの打鍵音を静かに!キーボードカバーが超絶オススメ!

f:id:AkMk:20170608101712j:plain

 

うがみんしょうらん!

MacBook Airの打ち心地の良い打鍵感に日々癒されている…?

奄美在住ブロガーのおさるです!

 

MacBook Airのキーボードって本当に打ちやすいですよね!

適度なキーピッチとキーストロークは、打つものの心を虜にしますww

 

しかし、、、

打鍵“感”に関しては不満はないものの、打鍵“音”に関しては少しの不満が…

MacBook Airのキーボードの打鍵音はお世辞にも「静か」とは言えません(´;ω;`)

静かな場所でパチパチ叩くことの多い私には、この打鍵音が気になりました。

 

今日は、そんなMacBook Airの打鍵音を改善するためのアイテムをご紹介したいと思います。

 

シリコン製キーボードカバー:購入まで

MacBook Airのキーボードにキーボードカバーを付けたら、せっかくの打鍵感が台無しになるのでは…」

これは、誰もが思う不安かもしれません。

私も最初はそうでした。

 

しかし…

・現状の打鍵音がいささか気になること

・綺麗な状態にキープしておいた方が売却する時にも有利なこと

・コーヒーなどをこぼしても安心なこと

というメリットを思い巡らし、購入を決断しました。

 

3番目の「コーヒーをこぼす」という経験は未だかつてしたことがありませんが、MacBook系はキーボードの隙間から入る水分に超絶弱いそうです。

少しコーヒーをこぼしただけで中身がやられておじゃんになる、という恐ろしい経験を見つけてしまったので、保険の意味合いも兼ねて装着してみることにしました。

 

いざ購入しようと思いキーボードカバーを探してみると、非常に様々な種類のカバーが販売されていました。

値段もピンからキリまでという感じで、商品によってかなり開きがあります。

 

私はコスパと品質のバランス重視で、千円弱の比較的安いものを購入しました!

あまりにも安いものですと、「サイズが合わない」とか「MacBookがきちんと閉まらなくなった」などというレビューがあり、不安でした。

高いお金を払えば高品質のものが手に入るのは当然ですが、できる限り値段と品質の釣り合ったものを手に入れたかった私は、結局中間くらいのシリコン製カバーにたどり着きました。

 

次に迷うのが、カバーのカラーです。

実にカラフルなカバーが発売されています。

キーボードに色を付けてみるのもお洒落だなと思い、最初はカラフルなものにしようかと思いました。

 

しかし、ここで問題発生です。

比較的安い部類のキーボードカバーだと、キーボードのバックライトが機能しなくなってしまうのです!

カバーを付けても、バックライトは機能させたかった私は悩みました。

「バックライトがきちんと機能する高い商品に手を出そうか…」と。

 

しかし、ない頭をしぼり出し考えました。

「なんとか安く、なおかつバックライトを機能させる方法はないか…」と。

f:id:AkMk:20170608090735j:plain

 

 

結果…

f:id:AkMk:20170608091101p:plain

ひらめきました!

 

「色のないカバーを買えば、バックライトも機能するはずだ!」と。

そこで、「クリア」というカラーで、安いカバーを購入することにしました。

 

シリコン製キーボードカバー:実際に使用してみて

結果は、大正解でした!

一つ一つ解説していきましょう。

 

<打鍵音>

一番のポイントだった打鍵音に関してですが、予想通りシリコン製のキーボードカバーを装着することで音が和らぎました!

もともとのMacBook Airのキーボードは「カチャカチャ」というのか「シャカシャカ」というのか… 一つ一つのキーが“揺れる”ような印象を受けます。

カバーを装着することで、この“揺れ”による独特な音が抑えられるようになりました。

 

キーボードを叩く際の音自体も、半減されている印象です。

 

実際に静かな環境のもと、周りの人に迷惑がかからないかカバーを付けた状態でタイピングしてみました。

強くタイピングし過ぎないよう力を抑える必要はあるものの、そこさえ意識すれば問題なく使えるレベルです。

 

MacBook Airの打鍵音を緩和させるのに、シリコン製のキーボードカバーは大正解でした!

 

<打鍵感>

次に、肝心の打鍵感はというと…

個人的には全く問題ありません!

 

私はこれまでに幾つかのノートPCやBluetoothキーボードなどを触ってきましたが、その中でもかなり使いやすい部類に入る打鍵感は保たれると思います。

MacBook Airの元々の打鍵感が素晴らしいですので、カバーを付けることで幾らか快適さは損なわれるかもしれませんが、実用に耐えられないレベルに落ちることはありません。

 

素材がシリコンですので当然ではありますが、カバーを装着すると打鍵感が柔らかくなる印象です。

キーボードの良し悪しは好みによるところが大きいですので何とも言えませんが、硬め・よりは柔らかめの打鍵感が好きな私としては「丁度よくなった」と感じます。

 

しかし、カバーを付けると見た目の格好よさは若干劣ってしまいます( ;∀;)

 

Befor

f:id:AkMk:20170608101712j:plain

 

After

f:id:AkMk:20170608102513j:plain

 

<バックライト>

クリアカラーを選択しましたので、カバーがバックライトに干渉して機能しなくなるということもありません!

夜間でもしっかりと手元を明るく照らしてくれます。

もちろんカバーを装着しない時と比べると鮮明さは落ちますが、手元が見えれば良いわけですから十分実用的です。

 

色々な方のレビューなどを拝見させていただくと、カラー付きのカバーを買ったもののバックライトが機能しないことに後から気づき、文字の部分をカッターで四角くくりぬいて使っている方もおられました。

そこまでするなら、最初から無難なクリアを装着した方が見栄えは良いと感じました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、MacBook Airの打鍵音を改善するために、シリコン製のキーボードカバーを購入したお話をお届けしました。

 

キーボードカバーを装着することで、打鍵音が改善されただけでなく、キーボードへの汚れの付着を防ぐこともでき、コーヒーなどをこぼしても安心できるようになりました。

まさに、一石三鳥です!

 

逆にカバーを付けることのデメリットとしては、

・見た目の格好よさが失われること

・若干の打鍵感の低下

といったところでしょうか。

 

キーボードに何を求めるかで変わってきそうな要素ではありますね(^_^;)

ただしキーボードカバーは簡単に取り外しができますので、普段は付けていてある時は外して…という使い方も可能です。

その日の気分で、見た目にも打鍵感にも変化を付けてみるのは面白いのではないでしょうか。

 

ちなみに、今回購入したものはサイズのズレ・本体への干渉(MacBookがきちんと閉まらないなど)も全くなく、快適そのものでした。

やはり最安の商品よりも少しグレードの高いものを購入しておくと、幸せになれるようですね。

 

私と同じようにMacBook Airの打鍵音が気になっている方は、キーボードカバーを装着してみることをお勧めします!

そして、バックライトを機能させたい方にはクリアがオススメです!

 

それでは、快適なMacライフをお送りください!

 

 

※ここから南米の熱帯雨林へアクセス!